スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

二子・中央稜でフィーバー

11月3日(金・祝) 秋晴れで焼けちゃった

二子・中央稜(マルチピッチ)
with マッキー&はっしーさん
GAIDAさん&ふーじん
しゅんたろーくん&きくりんくん

20061105220001.jpg
少し早い紅葉がきれいなのさ

先週手ごたえのあった11bを登りたくて、「有笠アリガサありがさ」と会う人に呪文のごとく唱えていたら、心優しいクライマーが拾ってくれることになりました。
GAIDAさんまっきーはっしさん、どうもありがとお
しかも1日目は、行ってみたかった二子中央稜です。わーい×2 

続きを読む

スポンサーサイト

錫杖どうでショー

錫杖岳・烏帽子岩 前衛フェイス (会山行)

8月26日(月) 第三ルンゼ  夜半
8月27日(火) 左方カンテ  午後小雨

会山行で錫杖へ。全夜発、中尾温泉口バス停前の駐車場にて仮眠。

アプローチ
駐車場から笠間岳までの登山道を利用、登り2時間弱でテン場(クリヤ岩小屋)。ここをベースに荷物デポ、1時間弱で取り付き。
20060829154832.jpg
登山道から見える錫杖岳。霧に煙って威厳ありありなんですが、ここ登るの~~

続きを読む

そこに岩があるからだ!

小川山・屋根岩2峰 セレクション(マルチピッチ)

8月19日(土)

withコジマ (亀ちゃん、カタさん=流星めぐり)

20060821023620.jpg
セレクション2P目のドスラブを登る知らない人。
それにしても蜘蛛の糸、人目を惹く美しいクラックです


やーん怖い。足がいまいち踏み出せない。しかもシングルロープ2本、引きずっていくのお~も~い~。

続きを読む

体って道具だなーと思う 割れ目な日①

6月20日(火) 
瑞牆・十一面岩 東岩稜末端壁 (花崗岩)
with えのきー、ふみちゃん

初めての瑞牆です。
この日はクラックのマルチ・調和の幻想のフォローと、11aのクラック・アストロドームをTRで体験しました。

・調和の幻想 (5ピッチ)
 
20060621142511.jpg
第1ピッチ(5.9)をリードするふみちゃん。全リードお疲れでした

調和の幻想、ジャムとか決まらないせいか、クラック登ってるって感じがあまりしない。
スラブあり木登りありカンテありフレークあり、とフェイスっぽさもある総合的なルート、みたいで登りがいがある。
ピッチごとに特色あるし、やっぱりマルチは面白いな~(ってフォローだからね)。

続きを読む

目指せ、スラスラスラブー

6月3日(土)~4日(日)2日目午後は雲と風が出てきたけど、両日ともいい天気

小川山・マルチピッチ(ガマルート、セレクション)
20060606150026.jpg

20060606153323.jpg

というわけで小川山。何回来ても楽しくていいところだ小川山って。
GWにはまだ木も寂しげで、冬の眠りから醒めきっていなかったのに、1ヵ月後の今週には一変。
新緑が白樺の幹と青い空に映え、花々の咲く、鮮やかな美しい林に変わっていたのでした。


続きを読む

明日のジョー

城山(凝灰岩)南壁・バトルランナー マルチピッチ練習

17日(土)続き 
 
日曜も会の講習会で救命講習が行われるが、17日はいつもお世話になってる横パパの誕生日。
パンプーズの横パパFCの面々が集結するので、私は講習会は土曜で切り上げ、飯能から城山に大移動。

続きを読む

海風に吹かれて (海金剛) 

会のクラック講習会(第3回) 2/2
西伊豆/波勝崎・海金剛(凝灰岩)
 

27日(日)

車窓に海がいっぱいに広がる。車を降りると、ぬわっと生暖かい風が体中にまとわりつく。
先週秩父で霜降り攻撃にあったのが、遠い昔のようだ。
木々の向こうは、海と空とが溶け合った不思議な世界。
青い海には、ツワブキの黄色い花や風にそよぐイソギク、アロエの真っ赤な花が良く似合う。
あ~いいとこだな。いい日だな。
DSCN3184.jpg


続きを読む

岩の恥はかき捨て(城山)

11月山行 岩トレ(2/2):城山・南壁(凝灰岩)

朝7時、河原のテントで健やかに目を覚ます。鍋奉行のえのきー、昨晩の鍋の残りにうどん投入。
Untitled1no.jpg
こーいうまったりした朝の時間もいいね
お腹いっぱいおいしい朝ごはんを平らげていると、8時ごろmotイトー両氏から電話が入る。忙しいご両人なのに、早朝から駆けつけてくれたらしい。
なんて心強いんだありがとお。
と思ったが、mot氏、前月の山行に続きまたもや二日酔いモード。だめじゃん。でも登れちゃうんだよナ~いいよナ~。

本日は先月練習したマルチピッチの再確認である。
エキスカーション(10a,10a,10c,10a,10a,5.9)には、motさんリード+ホンダさん、イトーさんリード+ミヤシタさん。
バトルランナー(5.8,10a,7R,9R)はコンドーさん+オカダさん、キダちゃんが先発、後発でえのきーリード+コジマ、ふーじんで臨んだ。

続きを読む

北鎌でチーカマ(1/3)

バリエーション&縦走
1日目 (前夜発)中房温泉~大天井ヒュッテ(泊)
2日目 ~貧乏沢~北鎌右俣~北鎌尾根~槍ケ岳~槍ケ岳ヒュッテ(泊)ときどき
3日目 ~槍ケ岳往復~大喰岳~中岳~南岳~北穂高岳~奥穂高岳~重太郎新道~岳沢ヒュッテ~上高地~松本~東京


しばし待たれい。

大快晴の西穂歩き (北アバリ4/4)

3日目
奥穂高岳山荘~奥穂高岳~(ロバの耳、ジャンダルム、大天狗の頭~)間ノ岳~西穂高岳~西穂独標~西穂山荘~上高地~東京(帰宅)


本日も日の出前に出発。ヘッデンで奥穂の鎖やはしごを登ってるうち、東の空が明るんでくる。
40分ほどで奥穂岳山荘から奥穂高岳の頂上に着いた。昨日と比べ、風がある。
着いてお約束の写真なぞ撮っていると、太陽が地平線から登ってきた。雲海がオレンジ色の海に染まる。ジャスト日の出!!
北ア縦走は今回が初めてだったこともあり、この素敵な風景に胸いっぱい。おーい私はここにいるよ~なんて叫びたくなる。やはり高い山はいいな。

続きを読む

北尾根にキタ (北アバリ3/4)

2日目
涸沢小屋~涸沢カール経由5・6のコル~北尾根~前穂高岳~吊尾根~奥穂高岳~穂高岳山荘泊
のち

DSC08590.jpg


涸沢小屋での朝は早かった。起床3時半である。
なんでこんなに早いかというと、本日の天気が非情にも「午後遅くから小雨」との予報だったため。
雷でも落ちようものなら、尾根をゆく我々は格好の標的になってしまう。おこげはいやじゃ。早く出て昼までには前穂を抜けよう。
真っ暗な部屋のなかを人を踏まないようよろよろ歩き、談話室でお湯を沸かす。ヘッデンで照らさないと沸いたのもわからん暗さである。

続きを読む

女3人涸沢へ (北アバリ2/4)

1日目
松本~上高地~徳沢~横尾~涸沢小屋


というわけで、松本にてタニフジさんとナベ師匠を出迎えた。
この時間は約30分後に上高地まで直通バスがあるので楽である。乗り換えナシなので爆睡。

続きを読む

中央稜どきどきクライム (北岳バットレス3/3)

8月山行 2日目
北岳肩ノ小屋~北岳山頂~(枯れ木テラス~中央稜取り付き~中央稜終了点)~北岳山頂~広河原~駐車場~東京(帰宅)

のち

翌朝、天気は回復。眩しい朝の光のなかに富士山がくっきり見える。
きれいだ。やっぱり日本一だけある。雲海の彼方にぽっかり浮かぶ周囲の山々も美しく、ああ~なんて幸せな光景だろう~(←雲海フェチ)。

雲海に浮かぶ富士山

続きを読む

第五尾根~第四尾根なのだ (北岳バットレス2/3)

8月山行 1日目
芦安の駐車場~広河原~二俣~(D沢C沢~第五尾根~第四尾根~)北岳山頂~北岳肩ノ小屋(泊)
のち

続きを読む

北岳バットレスに行ってきた (1/3)

8月山行 前夜発
府中~芦安の駐車場(泊)


バットレス、って重々しい響きがする。
野球のバット。布団の下のマットレス。台所でぴかぴか光るステンレス。仕事でこさえる憂鬱なストレス。ほら、なんかみんな重くるしいじゃん!?

続きを読む

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。