スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登れない春

年明けに痛めた肘の故障は長引きました。

4月もクライミング、外岩に行ったのは3回だけ。
痛いから簡単なものしか登れないのに、それでも動かしちゃうから一向に良くならない。
悪循環です。
ぽつぽつ休んではいるのだけど、思い切って長期で休まないとダメみたい。
でも外に出かけること自体が好きだから、我慢できないのよね。

当然ながらジムどころで全くなく。
今年は通算でも3回しかジムに行けませんでした。

5月に入り、ようやく登っているとき痛みはでなくなりましたが、翌日まで軽い痛みは残るので、あまり無理はできません。
GWも遠征に行くにはまだ不安もあって、結局最終日に1日出掛けただけでした。

…気になるのは、痛み自体よりその後遺症というか、練習不足が祟って下手になってること
(あまりに登れないので、ブログ書く気にもならん
体力的なものより、気持ちやカンみたいのが格段に落ち、足運びがうまくできないのは重症だ。
焦るし凹むし自己嫌悪だし、でも練習時間はそうさけない諦めももあるしで複雑な心境。
まあ地味に続けていくしかないねー。

<終>


スポンサーサイト

終了点のその先

被りの強い鳳来では、終了点はのっこし下にあることも多い。
ロワーダウンのときロープがすれるのを防ぐためだが、必然的に終了点クリップも下から行うことになる。
そのためどこで終わりにするか、ちと悩んじゃう。

続きを読む

もっと覚えよう運動

本日の青年の主張。
皆、もっと登ったルートを覚えましょう。

…え?一番覚えないのはオマエじゃないかって?

えーえ、確かに私は覚えが悪いですよ。
例えば一度買った本を、忘れてまた買うことはふつうにありますが、でも読み出せば途中で気がつくもん。
ルートだってヌンチャク掛かってないとわからなくなることはあっても、登ったことあればさすがにあれ、って思うし。
だいたい私が覚え(られ)ないのはホールドとかムーブみたいな細かいとこで、前に登ったルートは間違えんわい。(→言い訳になっていない)。

続きを読む

お父さんが山に登ってた頃はなー

1960~70年代の登山風景を見られるよ。

エバニュー山岳映画ライブラリー:
http://www.evernew.co.jp/movie/index.html#moviebox


HP上で見られる点数は少ないけど、雪駄で前傾壁登るイタリア人とか、ドロミテの200mのミニ岩峰を、ボディビレイ(たぶん)で登る日本人とか、キャーな画像が斬新でした。

そんで冬の五竜に向かう学生たちの装備なんか見て、ああ技術の進歩って素晴らしいな、と。

しかしあれですね。どーでもいいことなんですけど、むきだしピッケル、気になります。
だって、「ふーじん!」と後ろから呼ばれて、「なにー?」と向き直った瞬間、「うっ!(ぐさっ)」とか刺しそうじゃん。

…夏の夜長、もっといろいろ見てみたいねー。
(↑ホラー映画かっ!)

<終>

フリーソロを楽しむ町

そのへんのフツーのおっさん、オバさんが、フリーソロを楽しむ伝統のある町があるんだって。

続きを読む

石の表情

城ヶ崎のおまけ。

変換 ~ IMGP4845
ネコの足跡(ジャクソン)

続きを読む

ムーブができるとき

新しいルートに取り付いて思うのは、ムーブ解決力が足りないよなあ、ってこと。
ホールド覚えられないのは天性のもの(?)なので、もはや諦めの境地なのだが、ムーブの引き出しの少なさは明らかに練習不足。努力で補えるから言い訳できないよねえ。

ビレイヤーに申し訳ないと思いつつ、長々ぶら下がってホールド探しして、ああでもない、こうでもないと探りまくりーの、あがいてみーの、それでもいい方法思いつかずに途方にくれて。
ああ、先に進めない!!
あのときの絶望感って、なんとも言いがたくないですか?

続きを読む

こんなところに~

9月8日(月)

ここ、海員会館なんですけど…。DWSでもするのか???
通り過ぎてから、見覚えのあるロゴに引き返してくる自分がちょっとオタクっぽくて悲しい…

F1000344.jpg

F1000343.jpg

クライマー徳

雅楽の曲の一つに、「鶏徳」というのがありまして。
唐から伝来した曲ですが、鶏の五つの徳をたたえたものだそう。
時代的に儒教の五常の徳(仁・義・礼・智・信)を下敷きにしたのだろうけど、鶏なんて「トリ頭」とか「バカとニワトリ」とか、散々な言われようなのに珍しい。

で、この鶏の五徳っていうのは…

続きを読む

身長と体重とクライミング

年末年始の暴飲暴食および休業で、体が重い。
…なんか、1.8キロも太ったんですけど。
F1000231.jpg
イメージ画像。いやなんとなく

続きを読む

ジムは多いか少ないか?

12月9日(日)

朝日新聞の日曜版に載っていた、クライミング関連の記事。
新登山事情という連載の中の1回なのだけど、加須のワールドカップに絡めて(フリー)クライミングをさくっと紹介しています。

コンペがらみだからインドアを想定しての記事になってるけど、それによると
・「国内の愛好家は約5万人にのぼ」り
・「中高年も多く、この10年間で倍増」
・「(クライミングジムは)現在、約300施設で楽しめる」
とのこと。

愛好家が5万人はともかく、ジムって国内に300箇所もあるのかな?
と、1時間以上かけてジムに通っている私は疑問に思うのでした。
うーん、近所にジムがほしい。

変換 ~ IMGP2522

有笠でお買いだし♪番外編 

「第一回(?)有笠山荘イラスト杯」 作品集

・大賞受賞作品
20071107150228.jpg
*注 カラー文字はふーじんによるものです(以下同)

審査員による大賞作品コメント:
「テーマがでた次の瞬間から筆は迷いなく走り、年月を積み重ねた熟練の技に一同感嘆でした。
生徒時代の教科書やノートなども拝見してみたいものです」

続きを読む

ユガマク便り~10月下旬

湯河原幕岩 台風一過でピカピカの太陽が暑いっ!

台風で落ちたのか、朝の岩場はドングリだらけ。
帰る頃には皆に踏みしだかれて粉々に。ちょっと寂しい。
スダジイなんか、炒って食べると甘くない栗みたいで、素朴な味がして結構好きだけどなあ。
ただし冷めると固くなってまずいです。(←って食べたことあるんかい)

ドングリ狙いか、この日群れで来ていたサルがシャクシャインを登っていたらしい。
(ホントか?)
そいえば奴らにドングリぶつけられたど。故意かどうか知らんけどテメ~
でもウッチーと、G様のチョーク入れにドングリで玉入れして遊んでたので、してることはあんまり変わりない

IMGP2188.jpg
これはコナラかなあ。ちなみにドングリって木の名前はなくて、
常緑カシ類と落葉ナラ類の実の総称で、20種ぐらいあるんだって


IMGP2172.jpg
ホトトギスの花も目立ちました

続きを読む

瑞牆の秋・紅葉をお届けします

10月21日(日) 

瑞牆・十一面末端壁

20071025234847.jpg


瑞牆山はすっかり秋の気配。紅葉はじめの木々で彩られていました。

続きを読む

ワールドカップ加須

今日の朝日新聞、夕刊3面(スポーツ面)。

20071015163354.jpg
5社ある後援のひとつに朝日が名を連ねていたこともあるけど、
一般紙でクライミングのニュースを見るなんて、すごーく珍しいね


加須のワールドカップの結果が、掲載されていました。
2段16行だけど、横峯さくらの写真よりおっきいよ、安間君っ



続きを読む

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。