スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれ荒れアレな白馬登山

8月14日(土)
猿倉→白馬尻(大雪渓)→葱平→山頂稜線撤退→葱平→大雪渓(白馬尻)→猿倉
・日帰り、単独

変換 ~ 167下り雪渓1良

変換 ~ 52雪渓クレバス2

変換 ~ 56ミソガワ花畑と人

変換 ~ 79ハクサンフウロup良桃

変換 ~ 132車橙ハクサンフ桃と実良

続きを読む

スポンサーサイト

金峰山に登ってみた

8月23日(日) 夕方から
廻り目平⇔金峰山

天気が回復して登山日和。
今日は一人で金峰山(2595m)に登ってきました。

IMGP6407.jpg
林道から見えた放射状雲。あー夏休み気分全開の空だ

IMGP6286.jpg
金峰山頂から瑞牆山(2230m)を望む。奥にヤツがきれいに見える

IMGP6293.jpg
屋根岩の向こうは川上村のレタス畑だ♪

IMGP6270.jpg
南には富士山もバッチリ。笠雲が見事に掛かっていました

IMGP6266.jpg
山頂にある五丈岩。1丈=約3.03mで大きさ15m強計算になるけど、もっと大きいような


続きを読む

晴れたけど、やっぱり梅雨時だった北ア登山(その2)

北ア・蝶ヶ岳(2677m)~常念岳(2857m) 縦走
(7月7日~8日)

8日(土) 午後 
蝶ヶ岳ヒュッテ5:30~常念岳8:30~常念小屋9:00着9:30発~一の沢~駐車場12:00~ヒッチ?で穂高14:47~松本から高速バス新宿16:20発20時着


続きを読む

晴れたけど、やっぱり梅雨時だった北ア登山(その1)

北ア・蝶ヶ岳(2677m)~常念岳(2857m) 縦走
(7月7日~8日)

7日(金)  晴れ間は覗いてるが雲多し。織姫と彦星の邂逅はビミョー
新宿7:00あずさ1号~上高地12:30~徳沢14:00~長塀尾根~蝶が岳~蝶ヶ岳ヒュッテ17:30(泊)


最近北アがマイブームらしい我が友がっちゃんの、少し早い夏休みは、北ア縦走である。
あのー今梅雨の最中なんですけど。台風が沖縄に来てるんですけど。
でも行くのね。おっしわかった、付き合うぜ。

続きを読む

やっぱり高いところが好き

6月17日(土) のち ~ 18日(日) 前晩から朝方 その後 時々

北ア・燕岳登山 
20060618233343.jpg

20060619090050.jpg

20060619113616.jpg

穂高駅5:00~中房温泉6:30?~燕岳荘11:00くらい~燕岳~北燕岳~燕岳荘(泊)
燕岳荘6:50~中房温泉10:00~温泉でまったり13:10発~穂高駅14時過ぎ

今週はがっちゃんと2人で北ア詣で。
何回となくいろんな山にいってるけど、予報では雨でも必ず晴れ間が覗く、史上最強の晴れ女コンビ。
(雨だからジムの約束してるのに、なんでピーカンなんじゃ!)
今回は、2日目雨も止めたもんね。
というわけで、梅雨時なのにお天気もまあまあ、雪は残ってるけど人も少なく、快適な山行でした。

1日目
20060618233243.jpg
そこそこの急登が続くが、このぐらいのほうが高度も稼げるし、道も整備され、階段状になってるので下山も苦にならない。
合戦尾根は北アの三大急登だけど、中房ルートは登りやすくて好きだな

20060618233258.jpg
合戦小屋前の案内板。
合戦小屋名物のスイカは、来週再来週ぐらいから始めようかな~だそうです

20060618233310.jpg
登るに連れ、ひょっこり槍が見えてくる。
(今回は和名倉沢の反省を踏まえ、地図読み再学習も兼ねてみた)

20060619090027.jpg
尾根に出ると、どんどん槍が立ち上がってくる

20060618233325.jpg
合戦小屋から上はシャーベット状の残雪がかなり残っていて、尾根はこんな感じ。
もし滑ったらと思うとコワい~。
ガッちゃんはピッケルもって来てたけど、なくても大丈夫

20060618233413.jpg
山荘が見えてからも長いの~

20060619090105.jpg
山荘手前の稜線からの風景。
残雪のシーズン、緑と空と相まってとてもきれいだな

20060619090146.jpg
昨夏はこの道を北鎌経由で、今年正月は大喰岳西尾根から、あの尖がり目指した。槍と目の前に広がる山々を眺めながら、感慨新たなのだ
20060618233525.jpg
燕岳荘。北アの山小屋はレベル高いが、ここも建物は綺麗、
バイトスタッフの対応もよく好感度よし。Tシャツなどオリジナルグッズも多い

20060618233919.jpg
部屋はこんな感じ。たたみにマット、発熱する素材の布団で暖かく、寝心地○。
我々は自炊なので素泊5600円だが、2食つきだとなんと9000円。高っ!

20060618233511.jpg
天候の下り坂を予見させるときほど、雲が複雑な形していて美しいんだな

20060618233459.jpg
燕岳周辺には、こんな奇岩がいっぱいあって楽しい

20060618233659.jpg
花崗岩が侵食されて残っているらしい。
粒は大きいがもろく、すぐにぽろっと取れる

20060619113604.jpg
深く山裾をえぐリ流れ落ちる湯俣川、遠めにも迫力満点。
こんなに離れても轟々という音が聞こえて来る。
硫黄の匂いもかすかにするのだけど、ここからかな??

20060619090119.jpg
裏銀座方面はこんな感じ。
どの山ものっぺりしてるから、山座判定が難しい

20060618233624.jpg
宿に荷物を置いて、燕岳(2763m)と北燕岳に登ってきたよ

20060618233611.jpg
槍そっくりの形の雲が出てる!自然の美はおもしろ~い

20060618233818.jpg
午後になると天気が悪くなり、すぐさま雷鳥(夏毛のオス)登場。
突然飛んできて、ガーっとしゃがれ声で鳴きながらわざわざ目の前に下りた。
さらにはずっとポーズとり続け、写真撮影を強要(?)

20060618233750.jpg

20060618233805.jpg
ポーズはとるわ、葉を食いちぎるは、アピール活動に余念ないライちゃん。
飛ぶところを見たい我々と、根競べのように居残り続ける。
一緒に見ていた観光客が頂上に行って戻ってきて、「まだいるの!?」。
呆れられたのは、雷鳥か我々か

20060618233850.jpg
20分以上こうしたのち、やっと飛び立ったライちゃん。
とろいカメラなので、左端に白い羽しか映ってない…

20060618233904.jpg
お尻を振り振り、未練たっぷりに後ろ振り返りつつ、
愛想よしの営業部長は去っていきました


2日目
20060619090326.jpg
翌朝。山荘を出たときは小雨でこんな天気だったのに、10分も歩くと雨が止み、
やがて日も元気よく差してきて、登山口では暑いくらいの初夏の陽気に。
…そう、我々は恐ろしいくらいの晴れ女コンビなのだった

20060618234002.jpg
残雪に遅い春の芽生えが映える。
山紫水明の国、雨上がりの方が緑が鮮やかではっとするぐらい美しい

20060618233716.jpg
高山の花

降りてから中房温泉で数時間まったり。
今回は荷物も軽いし行動時間も短いし、まったり癒しのバースデー登山となりました。
やっぱガッちゃん、ベストパートナーだぜよ。
でもいわしの煮汁をサラダに入れたり、食パンにアイスはやめようよ~。
イシダ君、こんなヤツですがよろしくね。

風立ちぬ 今は秋 (中越 きのこ山行)

権現堂岳・守門岳 登山
11/4(金)
JR三鷹北口~関越小出IC~栃尾・ヒロタン邸(前泊)
11/5(土)
ヒロタン邸~戸隠神社登山口~下権現堂岳~上権現堂岳~手ノ又登山口~羽川荘(中子沢温泉)~民宿大原(泊)
11/6(日)のち
大原~守門山(ピストン)~浅草山荘(温泉)~大雲沢ヒュッテ(地そば)~小出IC~帰宅

新潟在住のヒロタンから、秋のきのこ山行の誘いが届いた。
西のヒロタン、東の横パパ、どちらも私の沢(山)の師匠である。
メイン会場は6月中旬の山菜取りと同じく守門岳。前回はこの山菜取り企画ためにわざわざ中国から帰国したので、再び訪れて巡り来た季節を思う。
いや~季節が違うと全然印象も変わるものですね。今回は、思いっきり辺り一面の秋、を楽しみました。

<前夜祭はじまりはじまり>
ヨシイさんと三鷹駅で待ち合わせ。高速で新潟へ入る。
高速を出たら290号線で栃尾市のヒロタン邸へ。途中何箇所も信号待ち。
中越地震による復旧工事のため、道のあちこちが片側相互通行になっている。震災によって多くの被害を出した山古志村もほど近い。
我々東京組が到着したのは午後8時半。ヒロタンと佳代ちゃん、フランソワ・コイデ氏が出迎えてくれる。
後で良子さん、シムラさん、カサハラさんと人数が増え、宴会もより賑やかに。
菊の酢の物、米沢牛入りの芋煮、神津島のクサヤなどおいしい料理がたくさん、お酒も日本酒にワインに焼酎など何でもござれ。
あちこち味見して飲み散らかしても~幸せ。
前夜祭なのにこんなに飲み食いしては、明日の山行がちと心配…
20051109171109.jpg
おいしいご飯に新潟の酒。これで盛り上がらないわけがない
DSCF0010.jpg
ヒロタン邸の近くのパグちゃん、怪しい我々一行を監視中

<2日目・紅葉ただなか権現堂岳>
少し風邪気味で参加したので、夜中にばっと熱がでたけど、翌朝は問題なさそう。頭が痛いのは、風邪のせいか酒のせいか…
本日は権現堂岳に登る。この日の登山メンバーは5人。
天気は快晴。絶好の登山日和だ。気温も上がり、暑いくらいの日差しのなか、カサカサ紅葉を踏みながら秋の山歩きを楽しむ。青い空に今が盛りの紅葉が映え、心まで彩どられるようでウキウキ。

20051109182952.jpg
はじめは葉も青かった。登るにつれ、紅葉が深まる
DSCN2617ni.jpg

DSCN2635oo.jpg

20051109150223.jpg
下権現堂岳山頂。下権現から上権現までは約1時間
DSCN2716.jpg

DSCN2695ni.jpg

20051109150238.jpg
上権現岳山頂(998m)。紅葉を見ながら頂上でお鍋。おてんと様ぽかぽか、幸せだな~
20051109183305.jpg

20051109183335.jpg

DSCN2768.jpg
紅葉の中を下山する。なんの山だっけか…
20051114211149.jpg
山頂と滝とが一望できる。かなりの標高差を滝が落ちてゆく

民宿で佳代ちゃん、カサハラさんが合流。夜にはヨシダさんが加わって、再び大宴会となる。
挨拶もそこそこに、ギターを抱えたヨシダさんによる懐かしのあの歌タイムに突入。次から次へとリクエストが続き、ヨシダさん休む暇もない。
皆で熱唱したが、なかでも芸達者な佳代ちゃん、UFOの振り付けを完璧に覚えてました。
(あれ以来、いちご白書の歌がふーじんの頭の中から離れない…)

20051109182548.jpg
大原のおとうさん。山の男って感じでかっこよい。囲炉裏端でじっくり焼いた岩魚、おいし~
20051114211239.jpg
岩魚骨酒と鮎骨酒を作って飲み比べ。岩魚のほうが香り高くて好き
20051109150253.jpg
夜の部では、流しのギターも出現、大盛り上がり。40曲ぐらい歌って、おひねりは150エン

<3日目:採り立てきのこの守門山>
朝、サイトウさんが合流して、総勢8人と賑やかな山行になる。
守門岳(1537m)は200名山の一つでもある。この6月にも山菜山行で登っているのだが、季節が違うこともあって、かなり印象が違う。
紅葉は上のほうはやや終わりかけだったが、中腹は今が見ごろ。
天然のナメタケ、ブナシメジ、ムキタケをカサハラさんとヒロタンが見つけてくれて、山頂でバター炒めにキノコおでんに舌鼓。
いや~何度食べても天然もののキノコって、味が濃くて歯ごたえあって、最高ですね。
今回のキノコ山行、初対面の人が多かったのだが、みんな気さくで気のいい方々ばかり。お知りあいになれて楽しかった。
よく飲んでよく食べてよく笑って。心身共に充実したキノコ山行でした。

DSCF0076.jpg

カサハラシェフは見逃さない。採り立て天然ナメコ、ありすぎて洗うの大変。沢水だったので、手がすっかり冷たくなっちゃった
DSCF0093.jpg
守門岳山頂。予報どうり天気が怪しくなってきて、風ゴーゴー。この寒風にもめげず、きのこ鍋宴会へと突入する
20051109182607.jpg

2005-1106-1132kinoko.jpg
おでん鍋に天然なめこを山盛り投入。すっごくうまみが出て、最高でした~(涙)
2005-1106-1148buna.jpg
ぶなの実を炒って食べる。ひまわりの種みたいでおいしい。気分は冬眠前の熊
2005-1106-1324.jpg
草紅葉が広がる山の中腹。雪のあるとき尻すべり競争をしたところ
2005-1106-1429taki1.jpg
スケール感たっぷりの布引の滝、の上部分。ドドドド、と落ちていく滝が遠めには長い反物みたい
20051114211223.jpg

20051109183138.jpg

DSCN2662.jpg

DSCN2650.jpg

DSCN2591.jpg

DSCN2626.jpg

秋の風景をお届けしました。

=Photo by よっすいー)

<終>
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。