スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

だから順位は聞かないで

5月27日(土)
ファイブテン・カップ(PUMP2)

悔しいと思うことは、必ずしも悪いことじゃない。
グータラな自分を動かす大きなパワーになるから、少しぐらい悔しい方が頑張れる。
でもねえ、やっぱりビリっていうのはどうかと思うのよね。

土曜日、川崎のPUMP2で行われた「ファイブテンカップ」
成績はボルダーとロープとで決まる。
更に成績には関係ないけどスピードとランジ競技も加わって、賑やかでお祭りのようなコンペであった。
20060530020915.jpg
特別ゲストの由佳ちゃん。
あとのゲストはジェイソン・キールとデビッド・グラハム。
髪の毛そり上げ&長髪で、ひまわりの髪留めしてるのが世界最強のボルダラー・キールらしいが、腕細くてビックリ。
グラハムのこと、私別人と間違えてました。ヤマイさんに怒られそう…


私は争いごとが嫌いなお気楽主義者なので(本当だってば!)、競争はあんまり好きじゃないんだ。
でも応募した頃はクライミングから遠ざかってた時期だったので、目標あったほうがヤル気出ていいかも、と自分を励ますために申し込んでみた。
前々からクライミングコンペって、どんなのか好奇心あったし。自分がロープクライミング始めて延べ1年になるので、テスト感覚だったしな。
しかしまさかビリとは思わなんだ。

私が出たのはミドルA(~11aオンサイトレベル)。ありえん
11aオンサイトって、ふだん11cとか登れるってことじゃん。
私、現在インドア限界グレード11aですから。(しかも甘々パンプのグレードでだろ~と傷口に塩をすり込むGAIDAさん。しくしく。)
…明らかにエントリーミスだな。何でワングレード上がったんだろ。私がレッドポイントの欄と書き間違えたか、誰かの陰謀か。
後でエントリー変えてっていったけど、ダメだった。
しかも蓋をあけたら、グレード下げてエントリーしてる人続出。ウキー
まあ人のことは問うまい。己が強ければいい、はず…。

さてミドルaは、スピードのあとセッション方式でボルダー競技。10課題を45分のなかで登る。
うっボルダーえぐいっす。
ミドルa、bは一緒の課題で体感4級。女子にはかなり厳しい。私など2つしか登れず、この時点ですでにビリ。
翌日トライしてみたものの、やはりできる気がしない。まー今は5級で精一杯なので仕方ないか。
後でビギナー課題やってみたら(体感5-6級)、3本宿題残しちゃったけど、2本は元気なときならできるかも。
実力から少し難しめの課題やるほうが勉強になるし面白いから、やはりこのグレードが相応ってことなんだろう。
あっ、でもスラブのマスター課題、K点まで到達できて嬉しかった。
コンペ課題、まだ残ってますので、皆さん是非試してみてください。

一方ルート予選。課題はタワーに設定、グレードは11a。(と思ったら、後で11bとシール張られてました。…おい、限界グレード以上じゃ
ボルダー強くてもルート怪しげな登りの人もちらほらいたので、私はルートはもっと頑張らなきゃいけなかった。(今ので数えて)5ピン目で落ちてる場合じゃないわよ~
黄色ピンチ、第一の核心とわかってるのに保持できなかったのは反省しなきゃ。持ち方が甘かったね。

コンペ、出てみてわかったこと。
リード予選はフラッシング方式だったが、何十人もの登りみているうち、自分の登りのイメージが不鮮明になる&待ち時間が長くて集中力が途切れる、等の現象が。情けない。
精神的要素に加え、冷房効き過ぎてボルダーで温まった体が冷えた(屋外なら暑さとか)。ふーん当日の状況って、思った以上に大事なんだなあ

試合結果はランジ予選の間に集計。
私、ランジだけはうまかったですよ~。
同位は数えないで予選オール順位で4位、ひらりと我ながら惚れ惚れする美しい飛びでした。
こうなったら飛び職人として極めようかしら。

さて、健闘むなしく、しつこいようですが、ビリで予選通過ならず。
あとは知り合いの応援に廻って楽しみました。
カタギリさん、イシハラさん、おめでとうございます。賞品のチョーク、お裾分けありがとでした。
イシハラさんの登ってた決勝課題、マグロ面白そうだったなー。
20060530020905.jpg
エキスパート男子は、1位アキトくん 2位伊東さん 3位ケイタくん。
あとの試合結果はご自分で探してください。悔しいからリンクしてやらん。
しかし伊東さんの登り方、やはりきれいだわ~。
某やが表彰台に乗ろうとしてて可愛かったな。将来有望ですね


てわけで盛りだくさんのファイブテンカップ。
待ち時間等うまく使い、運営もよかったのでは、という周りの評でしたが、決勝のあの音楽と照明は勘弁。
観客と選手が一体化するなら、もっと音は抑えたほうがいいし、照明あれでは選手がルート読めません。

今回はじめて決勝って見たけど、ムーブの違いやホールドの選び方登り方など、それぞれ選手で微妙に違ってて、見比べるの面白いね。

私はビリという結果に終わったけど、上のレベルで勝負してみてよかった。己の至らなさ、よ~く思い知ったし。
最近ちょっと上達していい気になってたけど、井のなかの蛙だったな。
まだまだ先は長いけど、頑張る!

だって、こんなに一生懸命やってるのにビリなんて悔しいもの。
私は嬉しいより悔しいほうがパワーがでるタイプなので、ちくしょーもっと練習したるわ

コンペで勝つ、というのはほんと難しいね。まぐれでは勝てないや。
表彰台には3人しか登れないんですよ!! これを勝ち抜く選手ってやっぱすごいと思う。
一度のトライで成果を出すのがどんなに難しいことか。
当たり前のことだけど、自分がやってみて、そのことがよ~くわかったのだ。
オンサイトに強いクライマーこそ、ほんとに力あるクライマーなんじゃないかしらん。
20060530020851.jpg
決勝オブザべ中の三選手。手の動きからすると、ホールドの読み早いな

帰り、亀ちゃんたちとご飯食べて帰宅。お疲れ様でした。
今度外岩も行こうね!

サイトウ君、沢残念でした。日曜ビレイせずにすいません。
12cクライマーの底力、今度見せてください。

<予定タイムスケジュール>
・受付 9:00~9:45
ミドルAの場合
・ボルダーセッション 10:10~10:55
・スピード 11:10~11:30
・リード予選(FL) 11:50~14:50
・ランジ予選 15:00~16:00
・各クラス決勝 16:00~16:40
・男子エキスパート決勝 16:40~17:20
・スピード決勝
・ランジ決勝 17:40~18:30
・表彰式 18:40~19:40
・パーティ 19:40~

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

あの顔の小さい人か

おーコジマちゃんどうも。
やっぱ表彰式のとき、賞品手渡してた人だー。
2人とも細っこくて、世界を代表するクライマーに見えないとこがすごい。
個人的にはヒマワリ男が気に入ったわ。

デイヴちゃん

いい写真ねーなー。
180センチ65キロ、おしゃべりなスジ系クライマーよ。

略歴:
http://www.answers.com/topic/dave-graham

インタビュー記事:
http://www.8a.nu/eng/articles/grahamm.shtml

Autoroute(DVD)のCM: ココで顔見られるよ。
http://www.secondchancefilms.com/autoroute/AR_sales/AR_info.shtml

先越されたっ

あっばれてた。ヤマイさん、反応早すぎです。
愛しのグラハムさま、まだ顔がわからないよー。

グラハムさまは・・・

もっとかっこいいっすよ!!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。