スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヤツの奴(南ヤツ縦走・2/2)

縦走2日目:赤岳鉱泉~(中山展望台~)行者小屋~中岳のコル~阿弥陀岳往復~中岳~赤岳~地蔵尾根~行者小屋~赤岳鉱泉~帰宅
のち

朝4時20分起床。心積もりでは5時出立だったのだが、実際は5時半過ぎになってしまった。すでに山は明るい。

本日も清水さんは別行動。コウさんも硫黄岳だけ行けばいいやということで、4人でまずは阿弥陀岳を目指す。
サトさん早苗ちゃんは、私たち遅いから、と先に出る。10分後にでた私とゴトーさん、すぐに追いつくが、そのあと我々2人は中山展望台に道草。行者小屋までは抜きつ抜かれつの道中となる。
行者小屋からは揃って樹林帯の新道を登っていく。サトさん先頭に、サトさんペースでゆっくり登った。

紅葉にはまだほど早いが、林のなかはほんのり秋の気配。黄色に色づいたナナカマドが、朝露に濡れてきれいだ。
DSCN2043.jpg

尾根から阿弥陀岳までは、ちょっとした岩場で、鎖もある。
出立が山荘の朝飯前の時間だったので、山頂から降りてくる人はほとんどいない。
せっかく独り占めして登った山頂は霧の中。風が吹いて寒いし写真だけとって早々に退散じゃ。
20050929173735.jpg

下りのころになると、赤岳のほうから回ってきた登山客があがってきたので、落石に注意しながら降りる。
コルに戻ってくるころには、霧が飛んで青い空が見えてきた。思えばこれがこの日一番天気がよかったなあ。
北の空は青く美しく、一方南のほうは幾層にも分かれたモコモコ雲で覆われている。この一見きれいなモコモコが、後で一暴れするのだが、青空のキャンバスに雲が刻々と描いてくこの風景、たまらなくすてき。
お天気が不安定なほうが、雲はきれいなのだ。ちょっと残念なんだけど。
DSCN1986.jpg

この束の間の天気も、中岳を越え赤岳に差し掛かるころには怪しくなってきた。
DSCN2003.jpg
DSCN2002.jpg
青い空に映える円錐型の中岳(上)と頂上はすっかり霧に包まれた赤岳

鎖場のあたりではなんとかもってくれてたが、赤岳の頂上小屋で一休みするころには、ポツポツし始め、合羽装着。
DSCN2012.jpg

さてどうしよう。予定では赤岳から横岳、硫黄岳と回ってくるつもりだったが、女の子たちは岩場に不慣れだし、この雨だ。まあ行けないことはないだろうが、すでに標準タイムから遅れてるし、横岳の岩場はやめといたほうが無難だろう。
ゴトーさんと2人だけで回ってきてもよいのだが、ガスってる中行っても面白くないし、2手にわかれて何かあったら嫌なので、一緒に下山することにした。
DSCN2025.jpg

となると時間に余裕があるので、赤岳天望荘でお昼ご飯にする。時計も11時過ぎ、朝の早さを考えたらいい時間だろう。
小屋の中で火を使っていいか聞いてみる。指定の場所なら無料で使ってOKとのこと、この雨のなか屋根の下でくつろげるのはありがたい。

私はふだんは岩や沢などが中心なので、ゆっくりお昼づくりなんてめったにできない。
でも今日は余裕ありあり、ラーメンだけでなく、生ナスいためてインスタントマーボー春雨なんてのも作れてしまう♪これに油がわりのシーチキンを入れてみたら、おいしく食べ過ぎてお腹いっぱいになってしまった。

40分ぐらいわいわいやっていただろうか。「次の方が使われるので」ということでコンロ用の板と席を明け渡し、これを機に小屋を出る。お礼がわりに1000円おいてきた。
(何か注文しようと思ったがお腹いっぱいで…)

下山ルートは地蔵仏から地蔵尾根。急斜面だが、展望が開けていて気持ちよい道である。
昼のあいだに雨もあがった。山の稜線は霧に包まれていてよく見えないが、下は晴れていて、行者小屋も赤岳鉱泉もよく見える。
DSCN2027.jpg

2時くらいに赤岳鉱泉着。小屋前のテーブルには、ビール片手にほろ酔い気分のコウさん。7時半に起きて、硫黄岳だけ登ってお昼には下山していたそうだ。

一休みしたのちテント撤収、3時下山開始。車は赤岳山荘駐車場に止めてあったので、行きに比べ少し楽できて嬉しい。
20050929173750.jpg

帰りに、ヒルサイドホテル富士見の温泉に寄ってもらう。
露天風呂もあり、お湯もすべすべで快適。休憩室でまったりできるし、これで500円とはなかなかお得だ。

温泉のあとは小淵沢の駅で私だけ降ろしてもらい、私はJR、あとの4人は高速で帰宅。各停&快速利用で、11時半過ぎに我が家に戻った。
の~んびりしたお気楽ハイキングであった。

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。