スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

目指せ、スラスラスラブー

6月3日(土)~4日(日)2日目午後は雲と風が出てきたけど、両日ともいい天気

小川山・マルチピッチ(ガマルート、セレクション)
20060606150026.jpg

20060606153323.jpg

というわけで小川山。何回来ても楽しくていいところだ小川山って。
GWにはまだ木も寂しげで、冬の眠りから醒めきっていなかったのに、1ヵ月後の今週には一変。
新緑が白樺の幹と青い空に映え、花々の咲く、鮮やかな美しい林に変わっていたのでした。


1日目 ガマルート
6時15分ごろ集合したのに、関越が120分の事故大渋滞。大幅に到着遅れ、登り始めたのは3時半くらい。
ので本日は2ピッチだけ。1ピッチ目イシイ、2ピッチ目ふーじんリード。全部で5ピッチのはずだが、時間切れで頂上はお預けです。

このルート、グレードよりもシステムの確認とルーファイがポイント。
2ピッチ目、どこ登ってもいいんだけど、スラブだしアップがわりなので、登ったことのある5.7にしてみる。
相変わらず出だし核心。傾斜も距離あるので1ピン目で失敗すると大怪我必至。と思うと、グランドにトラウマのふーじん、臆病者になるのであった。
ただし上はガバガバ、快適に登れる。が、終了点ちょっと間違えた。
トポに右にトラバースとあるので、簡単だった+リングボルトがあった+ダメでも松ノ木見えるからあれで支点とればいいやと、乾燥コケだらけのバンドに突入。正規ルートは直上の凹部だったみたい。
バンドトラバースしてから直上したので、ロープの流れが悪くなり反省。
反省点1:スリング掛けるなどして、支点を長くとればよかった。
反省点2:終了点でルベルソ、松ノ木の下の方にセットしすぎて制動効き過ぎ、ザイルアップに一苦労。
ルベルソの構造から考えたら、そりゃルベルソは下向きのほうが楽でしょうよ。ねえ。
gama.jpg
1ピッチ目のガマスラブ。雨がぱらつくなか、ササキ隊長に初リードさせられた記念すべき場所。
ぬれてずべってえらくこわかったが、3回目の今ではすっかりスラブ得意系。石英ばんざい


本日の夕餉、ふーじん食担で、ミネストローネにごぼうサラダ、ご飯に焼き餃子などなど。
餃子は中国仕込さ。干海老に貝柱、生えびなど入っていて本格的なのだが、仕込んだニラが行きの車のなかで匂ってさあ大変。
ジップロックして更に2重包装だったのに、すごい存在感であった。
しかしそんな中グーグー寝ていたイシイ嬢、大物だ。

2日目 屋根岩2峰 セレクション
1ピッチ目 のっけから10mのクラック(5.8)、横パパリード。
2ピッチ目 ダイヤンモンドスラブ(20m、5.8) ふーじんリード。2本目のクリップまでが核心、スラブリードこええ~。 
3ピッチ目 バンドを横にトラバースしてから、バック&フィットのチムニーで。横パパリード。
4~5ピッチ目 クラック(5.8というわりには幅広なのでむずいでっせ)横パパリード。
6ピッチ目 (10m、5.7)。ふーじんリード
(7ピッチ目のトラバースしてから頂上に抜けるクラックは省略)
50mで一気に懸垂下降。

・ダイヤモンドスラブ
20mの広大なスラブ。ガイドブックには「5.8でこれだけ典型的なスラブは珍しく、このピッチだけでも登る価値がある」とあったが、確かに小川山らしいドスラブであった。
長いし、終わってみればリードも楽しかったが、2ピン目までが傾斜あってきょわいぞ。
同じようなスラブの10bFLしてるから、行けるとは思ってたさ。
でも足元信用しきれなくて一歩が踏み出せず、2ピン目寸前でセミになる。
そのうち足がカタカタミシン踏み出し、雑巾1枚くらい縫えそうだ。
さすがにヤバイと悟り、あ~カミサマホトケサマと祈りつつじわりと体重移動。でもちゃんと止まってた。よかった。ふだんの行いのよさか。

何がそんな怖いって、靴よ靴! マルチなので、きつめのユカシムじゃなくてアルパイン靴で登ったの。したらまー立ち込み悪いのなんの。
つま先乗ってるかどうか、こんな硬い靴底じゃわかりませんて。
靴が違うとこんなに違うんだ。と実感。♪お靴は大事だよ~

・クラック
今回短いけど幅広のクラックあって、すごく面白かったの~。
二イロックかますようなクラックなんか始めて。
昨秋までえのきーが何回かクラック教室開いてくれてたので、久しぶりに感覚思い出して楽しかった。
ジャム決まった時のキタキタ~感、たまらんわ。アイスでバイル入ったときのガッツリ感、釣りのときのヒットの手ごたえ、になんか似ている…
まだリードしてないからそれも含め、もっとクラック練習したい~。

20060606144232.jpg
セレクション5.6ピッチ終了点からは、隣の屋根岩3峰もバッチリ
20060606141709.jpg
この終了点は頂上直下なので、景色抜群なのだ!
20060606140216.jpg
一面にズミの花が白いベールを被っていた(別名コリンゴ、コナシ バラ科リンゴ属)
pinnku.jpg
地面にはベニバナイチヤクソウが一面に咲いていた(イチヤクソウ科)
20060606144620.jpg
なかにはゴゼンタチバナも(ミズキ科)

セレクション、スラブありクラックありフェイスあり、お手頃なのに盛りだくさんで、人気も納得のおすすめルート。
次回はクラックのとこもリードで行ってみたいな。

やっぱりマルチって、いろいろな要素あって楽しい。
リードもやるたびに自信ついて少しずつ手際も良くなり、後は経験ですね。
横パパ、今回もいろいろありがとうございました。三女イシイ共々お礼申し上げます。また遊んでくださいね~。

本日の豆知識:
・昔、シームレスストッキングなる言葉があった
・ケイタとゆうこりんは夫婦だった
・緑会はやはりやくざもんの集まりだった

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。