スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やっぱり高いところが好き

6月17日(土) のち ~ 18日(日) 前晩から朝方 その後 時々

北ア・燕岳登山 
20060618233343.jpg

20060619090050.jpg

20060619113616.jpg

穂高駅5:00~中房温泉6:30?~燕岳荘11:00くらい~燕岳~北燕岳~燕岳荘(泊)
燕岳荘6:50~中房温泉10:00~温泉でまったり13:10発~穂高駅14時過ぎ

今週はがっちゃんと2人で北ア詣で。
何回となくいろんな山にいってるけど、予報では雨でも必ず晴れ間が覗く、史上最強の晴れ女コンビ。
(雨だからジムの約束してるのに、なんでピーカンなんじゃ!)
今回は、2日目雨も止めたもんね。
というわけで、梅雨時なのにお天気もまあまあ、雪は残ってるけど人も少なく、快適な山行でした。

1日目
20060618233243.jpg
そこそこの急登が続くが、このぐらいのほうが高度も稼げるし、道も整備され、階段状になってるので下山も苦にならない。
合戦尾根は北アの三大急登だけど、中房ルートは登りやすくて好きだな

20060618233258.jpg
合戦小屋前の案内板。
合戦小屋名物のスイカは、来週再来週ぐらいから始めようかな~だそうです

20060618233310.jpg
登るに連れ、ひょっこり槍が見えてくる。
(今回は和名倉沢の反省を踏まえ、地図読み再学習も兼ねてみた)

20060619090027.jpg
尾根に出ると、どんどん槍が立ち上がってくる

20060618233325.jpg
合戦小屋から上はシャーベット状の残雪がかなり残っていて、尾根はこんな感じ。
もし滑ったらと思うとコワい~。
ガッちゃんはピッケルもって来てたけど、なくても大丈夫

20060618233413.jpg
山荘が見えてからも長いの~

20060619090105.jpg
山荘手前の稜線からの風景。
残雪のシーズン、緑と空と相まってとてもきれいだな

20060619090146.jpg
昨夏はこの道を北鎌経由で、今年正月は大喰岳西尾根から、あの尖がり目指した。槍と目の前に広がる山々を眺めながら、感慨新たなのだ
20060618233525.jpg
燕岳荘。北アの山小屋はレベル高いが、ここも建物は綺麗、
バイトスタッフの対応もよく好感度よし。Tシャツなどオリジナルグッズも多い

20060618233919.jpg
部屋はこんな感じ。たたみにマット、発熱する素材の布団で暖かく、寝心地○。
我々は自炊なので素泊5600円だが、2食つきだとなんと9000円。高っ!

20060618233511.jpg
天候の下り坂を予見させるときほど、雲が複雑な形していて美しいんだな

20060618233459.jpg
燕岳周辺には、こんな奇岩がいっぱいあって楽しい

20060618233659.jpg
花崗岩が侵食されて残っているらしい。
粒は大きいがもろく、すぐにぽろっと取れる

20060619113604.jpg
深く山裾をえぐリ流れ落ちる湯俣川、遠めにも迫力満点。
こんなに離れても轟々という音が聞こえて来る。
硫黄の匂いもかすかにするのだけど、ここからかな??

20060619090119.jpg
裏銀座方面はこんな感じ。
どの山ものっぺりしてるから、山座判定が難しい

20060618233624.jpg
宿に荷物を置いて、燕岳(2763m)と北燕岳に登ってきたよ

20060618233611.jpg
槍そっくりの形の雲が出てる!自然の美はおもしろ~い

20060618233818.jpg
午後になると天気が悪くなり、すぐさま雷鳥(夏毛のオス)登場。
突然飛んできて、ガーっとしゃがれ声で鳴きながらわざわざ目の前に下りた。
さらにはずっとポーズとり続け、写真撮影を強要(?)

20060618233750.jpg

20060618233805.jpg
ポーズはとるわ、葉を食いちぎるは、アピール活動に余念ないライちゃん。
飛ぶところを見たい我々と、根競べのように居残り続ける。
一緒に見ていた観光客が頂上に行って戻ってきて、「まだいるの!?」。
呆れられたのは、雷鳥か我々か

20060618233850.jpg
20分以上こうしたのち、やっと飛び立ったライちゃん。
とろいカメラなので、左端に白い羽しか映ってない…

20060618233904.jpg
お尻を振り振り、未練たっぷりに後ろ振り返りつつ、
愛想よしの営業部長は去っていきました


2日目
20060619090326.jpg
翌朝。山荘を出たときは小雨でこんな天気だったのに、10分も歩くと雨が止み、
やがて日も元気よく差してきて、登山口では暑いくらいの初夏の陽気に。
…そう、我々は恐ろしいくらいの晴れ女コンビなのだった

20060618234002.jpg
残雪に遅い春の芽生えが映える。
山紫水明の国、雨上がりの方が緑が鮮やかではっとするぐらい美しい

20060618233716.jpg
高山の花

降りてから中房温泉で数時間まったり。
今回は荷物も軽いし行動時間も短いし、まったり癒しのバースデー登山となりました。
やっぱガッちゃん、ベストパートナーだぜよ。
でもいわしの煮汁をサラダに入れたり、食パンにアイスはやめようよ~。
イシダ君、こんなヤツですがよろしくね。

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。