スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

捨て縄、赤岩修行 その2

6月25日(日) 
小樽・赤岩 44フェース

20060627140221.jpg
本日お天気。海もきれい。
向こうに見える岩場は、昨日支点の練習したあたり


その時、えのきーのコーラスラインのトライを見ていたのだ。
突然頭上の岩場から黒い影が現れ、同時に誰かが「ラック、ラック!」。
びっくりして首をすくめ、とっさにやりすごそうとするふーじん。

「…」
何も起こらず。それどころか黒い影は下に落ちずに横に飛んだような。
あり?これって重力の法則に反してますよね、ニュートン先生。
しかもこの黒い物体には、ぱたぱた羽がついてたような。
…ってこれ、石じゃなくカラスじゃねーか。
なんでカラスが「ラック、ラック」って鳴くんだよっ。

世間にはアフラックと鳴くアヒルもいるけど~これってそう聞こえるだけ?それともカラスにからかわれたの?

後者ならたぶん、岩場で「ラック!」というと人間が反応するのが面白くて、自然と覚えたものと思われる。
そいえばふーじん、初日に小樽で、巣立ちしたばかりとおぼしき若いカラスを眺めてたら、いきなり親に羽蹴り食らわされている。
何もしてないのによー。カラス、恐るべし。

って、動物観察に来てるわけではありません。
本日も引き続き、崖さんにお世話になりながら、赤岩修行に励みます。

今日のメンバーは、中道さん、キクチさん、チバさん、massyさん、おケイさん、ウエムラさん。
そしてヌマサキさん、スズキさん。昼過ぎにはヤブサキさんとそのお連れさま。と、とっても賑やかでした。
あ、あと特別出演で通りすがりの親子1組。
(懺悔:ふーじんはアルツで全員の名前が覚えられなかったので、えのきーのブログからドロボーしました)

今日の岩場、緊張感は残しつつ、和気藹々明るい岩場となり、たいへん楽しゅうございました。
20060627140358.jpg
クラックルートのコーラスライン(11a)

東京から岩場破りに来たえのきーは、本日も快調。
OSの嵐とは、いまいちかわいげがない。
でもクラックの11a、さすがにむずかったらしくテン山。ふっ、そうこなくっちゃ。
20060627140438.jpg
このクラック、意外と悪いようで、苦労してます。
ボルトが遠いので、大きめナッツ持ってあがるのがよし


さて、本日のメインはみんながはまっているベルボトム(11b)。
先週東京からシュクラさんもトライして、もう一息と惜しいところだったらしい。
核心は最上部で体を返すらしく、昨晩、宴の席上でmassyさんがムーブを熱演していたのだが、いきなり見たって何がなにやらよくわからん。
さあ、果たしてえのきーOSなるか。皆が固唾を呑んで見守る中、登り始めるえのきー。
登るにつれ、「そうそう」「なんでそこ知ってるの?」等々の声があがる。
実はえのきー、昨日の話全部覚えてたんじゃないの~、っていうのはウソだけど、それぐらい迷いのない登りでした。プレッシャーのなか、OSおめでとう。
えっ私? 私はいつかうまくなったらOSしようと思ったので(っていつだよ)、今回触りませんでした。アルツだから見ちゃいないし♪
20060627140455.jpg
ベルボトム(11b)を登る千葉さん

修行中の捨て縄ふーじんは、朝いちで岩もしめしめしていてずべりんこ、ギャー怖いよーのおはよう(5.9)FL。
グレードはおはようより上なのに、ガバちょで楽チンなおやすみ(5.10a)FL。
はまってしまったのは、ベルボトムの左の3F(11a)。ガバガバなんだけど、正対引き付け、パワーで行くところが多くて、外岩慣れてない私は、ホールドの多さに迷ってしまって逆に体力消耗。こりゃ下部パッパと行かないとダメね。

そうとも知らずはじめリードでいってしまったけど、出だし離陸できないわ、3ピン目ルート間違えてクリップできずにフォールするわ、散々だったのでキクチさんにTR張ってもらって、計3便出してみた。
も少し登りこんでホールドの位置覚えたらつながりそうだけど、核心はまだ自信ない。
終了地点まであと2手、ってとこの三角形のおにぎり少し遠いし、しかも下のお弁当箱アンダー耐えられない~。でも面白い。
いつになるかわからないけど、次回の宿題にしとこ。
20060627140329.jpg
3F(For the Fire Fighters)。11a

他の皆様も思い思いに登っていましたが、問題だったのは通りすがりの親子。
お父さんが5歳児置いていつまでもハングドックしていて、おいコラでした。
城山ワイルドボアみたいな足場が悪いところなのに、1人できて子供放っとくなって。
しょうがないから我々が子供ビレイしてましたが、そのうち子供、いきなり泣き出す。
寒いの?おなかすいたの?どっか痛いの?とあせるふーじん。わ、私は何もしてないぞ。
さっきまで、人の登りみて「そこに足あるのに」と小生意気なガキであったが、所詮は子供だな。ふっ。
すすり上げる合間に聞くと、「さみしい」んだって。こんなに岩場にたくさん人がいるのに。お家が恋しくなったのかな。
…昨日から子供には振り回されるぜ。

ようやっとお子様がお帰りになり、お守から解放されて安眠むさぼっていると、えのきーに起こされる。
…えーまだ登るの。もうハーネスもロープもさっさと片付けちゃったよ。
でも昨日の続きの支点工作や懸垂の練習だというので、確かに寝てる場合じゃない。場数こなすほど、本番で安心できるもん。

てわけで、おやすみを再び登る。
10aだから登りは別にいいんだけど、いい足場求めて終了点より上にあがりすぎる。
お目付け役のえのきーを上げるのに、ルベルソわざわざ2箇所の木から支点とっちゃった。せっかくいい支点あるのに。
うーむすべてにおいて、もっと手際よくできるようにならんとな。

20060627135707.jpg
久しぶりにかたつむりを見た

そんなこんなでいろんな人と楽しくクライミング修行。
少しは捨て縄から出世して、捨てカラビナぐらいにはなれたかしらん。
赤岩、有笠に似た感じの岩質だそうで、比較的ガバで登りやすい。
でもグレードは少しだけ辛いかな。(えのきー曰く妥当だそーです)
海を眺めながらのクライミング、気分が変わっていい感じ。

皆様と名残を惜しみながら、岩場で解散。
崖さん、2日間、ビレイと運転ありがとうございました。

運動のあとはお腹もすく。今晩は札幌名物のスープカレー。私のはシシカバブー入り♪ 幸せだニャ~。
北海道最後の夜はこうして穏やかに更けていくのだった。


コメントの投稿

非公開コメント

あっ崖さんまでそんなことをっv-37 
ふっ、カラビナを笑うものはカラビナに泣くのだ。

また

遊びにきて下さいね!
捨て縄は新しくても残置されますけど
捨てカラビナこそ不要になったものが多いなぁ~ はっは

直しといたぜよ。
なんか小姑を持った嫁の気分だい。

カミムラさん → ウエムラさん
3M → 3F(For the Fire Fighters)
グレードは妥当です。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。