スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

晴れたけど、やっぱり梅雨時だった北ア登山(その1)

北ア・蝶ヶ岳(2677m)~常念岳(2857m) 縦走
(7月7日~8日)

7日(金)  晴れ間は覗いてるが雲多し。織姫と彦星の邂逅はビミョー
新宿7:00あずさ1号~上高地12:30~徳沢14:00~長塀尾根~蝶が岳~蝶ヶ岳ヒュッテ17:30(泊)


最近北アがマイブームらしい我が友がっちゃんの、少し早い夏休みは、北ア縦走である。
あのー今梅雨の最中なんですけど。台風が沖縄に来てるんですけど。
でも行くのね。おっしわかった、付き合うぜ。

…といいつつ、不明瞭な天気もあって最終目的地が決まらない。
しまいには、じゃあ当日電車で打ち合わせねーで決着つける、ノー天気なO型の2人であった。気心知れてる友ならではの技?である。
まあ結局常念で別行動になったので、計画なんて立てても同じだったな、ふっ。

天気は何とか2日間もった。さすがは史上最強の晴れ女コンビ。
他が曇っていても、我らの行く手は青空が見え光も差し、向かうところ敵なし状態だったが、所詮は梅雨時。
周りの山々から雲を追っ払うまでには至らず、結局槍も穂高も胴体だけ見えて一度もその顔は拝めなかった。眺望が売りのルートなのにぃ。
ま、季節には勝てないから、今回はこれで勘弁しといてやる。

さて1日目。私は新宿から、秩父在住のがっちゃんは八王子からあずさに合流。
仕事押せ押せで一睡もしてないので、電車の中でもバスでも爆睡。
朝は抜群の低血圧を誇る私(血圧上が97下が58、脈もこの前計ったら58しかなかった)、ぼっーと上高地を歩く。

明神から徳沢に向かう河原で、ニホンザルの群れに遭遇。
だから私は今、サル(の特に腹)が嫌いなんだってば。登山道で立ち止まって腹掻くなっ。
人間恐れる気配はないけど、道ですれ違うときは、向こう明らかに目をそらせていました。

徳沢から蝶まで、樹林帯の続く長塀尾根ルートをとる。
出だしからかなりの急登が一時間くらい続く。始めさえずっていた2人も、そのうち無言になる。
徳沢1562mから途中の長塀山2665mまでひたすら登る。急登だけに面白いように高度計の数字が上がっていくのが励みになる。

2400mあたりから、傾斜は少し楽になるけど、残雪も多くなってくる。
マーキングや赤布はしっかりしてるが、雪に気をとられて足元ばかりみていて、迷う人もいるらしい。

休みもたいしてとらず、登りつづけた長塀山は木々のなか。
蝶ヶ岳ヒュッテと高度はさほど違わないが、ここから1時間弱、ゆるーい山道を歩かねばならない。
わたし、こういう道疲れるからヤだなあ。大変でもぐいぐい稼げる急登の方が歩きやすくて好き。人も坂も、潔いほうがよいね。

だらだら登りつづけていると、ふいに視界が開け稜線にでた。小さい潅木と残雪の道を登りつめたところが蝶ヶ岳である。
霧がかかってあいにくの展望、風も強くて寒い。たっぷりかいた汗がたちまち冷えていく。
写真を数枚とって、さっさと眼下の山小屋に逃げ込んだ。
さ、今日の晩御飯はふーじん特製ミネストローネだよ。

<続>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。