スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ふーじん、Mに目覚める!?

7月30日(日)  予報では曇りだったのに、突然梅雨明け!

小川山 クラック三連発&お休み放題な日

てことで小川山。
本日の引率者は、最近仕事がお忙しでジムも来られないえのきど。お師匠さま。
不死身かと思ってたら、連日の徹夜にお疲れのご様子、隙あらばぐーぐーお休みになっておられました。
どこでもいつでも寝られるのは私も得意技。せっかくなので、その才能を発揮してみました。

~お天道様大張り切りの炎天下、朝8時過ぎまでみずがき湖でぐーぐー
~移動して、爽やかな風吹く金峰山荘の駐車場で午前10時過ぎまでぐーぐー

高原の風の中、気持ちよく目を覚まし、さあ登りにいくど(遅いって)。

・小川山レイバック(2P 5.9) /親指岩
20060731212012.jpg

小川山といったらレイバック、と刷り込まれていたふーじん、ここを自分でナチプロかませて登ってみたかったのだ。
…でもまだナチプロリードしたことないので、えのきーにTR張ってもらって、ギアも貸してもらって、トライしてみた。

1便目。足をフェイス置きで登ったんだけど、ギアかます余裕なし。
だいたい準備の段階で選ぶギア間違えてた。キャメの赤、黄、緑だったのに、エイリアン持って行ってしまい、小さすぎて入らないし(悲)。も少しギアの使い方練習しなきゃダメだな。
ただここ、足のフリクションはとってもよいので安心です。

2便目。いったんTRはずし、最高ルーフと予期せぬプレゼントやった後、戻ってきて再トライ。
えのきーリードふーじんフォローで、本来の終了点まで登る。(←ホントは短い2ピッチ目があるのだが、だいたい1ピッチ目までしか登らない)。
2便目、えのきーの登り見ていて、足ジャム決めるの忘れてたのに気がついた。ので足ジャムで登ってみたら非常に安定感があり、一気に楽になる。
なんだー、これならギアかませる余裕ありあり。次回試してみよう。
上までするする登れて、あー気持ちよかった♪

・最高ルーフ(3P 5.7,5.7,5.10d) /最高ルーフの石峰 
20060731212158.jpg
コケコケの1P目。
肝心の3P目の写真ないのが残念だけど、すっきりきれいなルートです


私はフォローで下の2ピッチだけですが、現役の苔が元気よく生えていて、コケそうでグレード以上に怖いですがな。しかもここんとこの雨で苔が妙にしっとりしてるし。

3P目(10d)のルーフトラヴァース、見てて怖そうだけど、意外とハンドジャムが利くので気持ちいい(えのきど。談)そうです。えのきーOS。
もっとも本命はここではなく、3P目トラヴァースせず90度直角に上に抜けてくお隣のサウスポー(11C)だったのを間違えたらしい。
でもこの最高ルーフも充分高度感あってスリル満点。見ごたえあるルートでした。

のっこしの際、ロープが岩にスタックすると流れなくなる&リップに挟まってる石がぐらついてるらしいので、ビレイヤーともども注意されたし。

最高ルーフもお殿様岩も、誰もおらず完全貸切状態。
木陰が快適な季節。鳥はさえずり、遠くで沢の流れる音。なんかこう、睡魔がくいっと誘いかけてきますねぇ。

~てわけで、高原の岩場でシエスタ、気持ちよくぐーぐー

・予期せぬプレゼント(5.10a) /お殿様岩
 
半そででずっと寝てたらさすがに寒くなってきたので、起きてすぐそばのお殿様岩に移動。
20060731212213.jpg
この真ん中あたりが一番苦しい。しかし写真で見ても苔、すごいな。
えのきーはここで、はるばるもってきた特大キャメ6番を使う。
回収のときもこれとか5番とか、重いのばかりでタイヘンだったぞ


こちらも登られてる気配のない、苔まみれのワイドクラック。
中間部、尻ジャムと肩ジャムで止め、尺取虫のようにゼンドウ運動して、くねくねずりずりしながら、5センチ7センチと地味~に登っていく。
が抜け口の辺り、ジャストサイズすぎて抜けられなくなり、うへぇー苦しい、助けてぇ。
が、「時間掛けてもいいから、ナンとしてでも上がってこい」と厳命が下る。しくしく。
しょうがないズルでがんばるか。とゴボウで抜け口脱出。

よく考えたら、フォローとはいえ、なんで私まで登らなくてはいけなかったんでしょーか、え。師匠さま。
おかげで肩から肘から膝から全身擦り傷だらけ、DVみたいだし、はたまた服から肺の中まで(←きっと胞子吸った)苔まみれ、体中から苔が生えてきそうです。

でも肩ジャムなんて始めて。経験したことない体中ジャム感覚、けっこうおもろかったかも。
…ヤバイ、私の中にもMの血が!?
すっぽりはまってドカ落ちする気配ないから安心だけど、一回くねって上がっても、ジャム決まらなくて三回分くらいずるっと下がったりすると、縦走のときの下降と同じぐらいがっかり。ああもったいない。
もー疲れた~下界に帰りたいよ~。

でも、抜け口とその次の入り口抜けちゃえば、後は何とか。
よろよろ苔まみれになって這い上がった終了点、いい景色でした。
でも最後、支点とる木が枯れてて、懸垂怖かった…
20060731213410.jpg
こんな風景が登ったプレゼント。ミズガキ山ぢゃないよ屋根岩だよ(たぶん)

お殿様岩から親指岩までの帰路、え。ししょーが、何も言わないから自力で帰ってみなさいという。
え~~。行きのルーファイお任せしきっていたので、道、よく覚えてないもんね。
ので方角違うたぬき岩あたりをさまよってみたりしたが、現在地を把握できたら、あとは問題なくたどり着けた。ほっ。

さて、下山前に親指岩で再びレイバック。前のグループが少しトラブっていたので時間食い、下山したのは日の暮れる少し前。
キャンプ場を出たのは7時25分、よって風呂も飯も省略。

~帰り道、助手席なのをいいことに、ふーじん車でぐーぐー。でも30分だけね~

えのきーは一人で運転したあげく、ベッスイ車を返した後そのまま会社直行(!)とのこと。まったくお疲れ様なのでした。
…す、すいません。近いうち、リフレッシュ教習行きますです。

そんなこんなのクラックin小川山。
全身を岩に挟まれて楽しい♪と思ってしまった私、すでにM(マゾ)の世界に足を踏み入れてしまったんでしょうか。
でもリードにはもっと要経験、がんばって練習しま~す。
えのきー、今回もいろいろあんがと!またよろしくね

おまけ:本日おニューのシンデレラ靴で登ってみましたが、スラブはわからないけど、アルパインとかクラックにはいい感じ。きついサイズなのに足も比較的楽でした。中とベロがメッシュ地だからね。
でもまわり苔だらけだけに、シンデレラというよりもののけ姫気分…


<終>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。