スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小川ができるから小川山!

8月6日(日)  のち夕方雷雨

小川山(花崗岩)・屋根岩2峰

またしてもアプローチで迷う。
トポ片手に、道のはっきりしているパノラマコース展望台経由で屋根岩目指したらば、これがと~お~い~。
…展望台というぐらいだからぐいぐい登っていく。山岳会所属の私とオカダさんはともかく、ふつー人のボルビックさんタケさん、1時間余りのハイキングお疲れさまでした。

でもタケさん、2週間前同じ場所に来てるのだから、も少し道、覚えてても~。ホールドを後で書けるぐらい記憶力いいのに、どうしてガセネタ教えるんですかっ。
といいつつふーじんも5月に来ているのに、入り口覚えていなかった。でも、ケルンから先は案内できたよ♪

ぜいぜいいいながらようやく2峰到着。
先発隊のカナイさんたちの姿見たときゃ~、ホント嬉しかったっす。

そんなこんなの小川山。本日はpump2のお仲間がいっぱい。
土曜から入っていたのは、よっすぃにカナイさん、おしおさん。
本日オカダカーで参入したのは、オカダさんボルビックさんタケさん、ふーじん。
少し遅れて、ヨコカワさんにヤマノさんも2峰にやってきて、賑やかで楽しい一日となりました

登る前、準備していたボルさんに衝撃的な事実が襲う。
ボル 「あっーー、靴がかたっぽしかない!!」
皆 「どっか紛れてるかも。よく探してみなよ~」
ふーじん 「や、現実を直視しよう」
ボル 「う~ん、やっぱないみたい」
タケさんほか数人 「足のサイズ幾つ?この靴使う?」
…どーして皆さん、そんなに幾つも靴持ってきてるんですか。
(タケさんなんか、3足も持ってきてるとか)

先発隊はかぶとむし(12a)などにトライしていたらしいが、私とオカダさんはまず、セレクションを2ピッチだけ登る。
会山行が今月久しぶりの本チャンなので、マルチのシステム確認なのである。

セレクションの1P目には、正規のクラックルートとフェイスルートがある。
ふーじん、前回クラックルートを登ってるが、フェイスルートは初めて。クラックルートより易しいけど、それでもリードは緊張する~~。

1P目終了点。支点作ろうとハーネスのギアループに手をやり、スリングとろうとしたら、なぜか一本もない。
「わーどうしようオカダさんっ、スリング持ってくるの忘れたっ」
「肩に掛けてるの、それ違うんですかぁ(←下で聞きつけたカナイさん)」
「あっ、あった~。びっくりした、忘れるわけないと思ったんだよっ♪」 
てな風にまだ手際悪くて時間が掛かるが、リード自体はさすがに慣れてきて問題なさそう。
ただ今回スリング長すぎて支点でビレイしにくかったので、次は60cmも持って行こう。

しかしクラックルートの2P目、2ピン目までホント悪い。この部分に限っては10aっていってもいい。
今回はフェイスルートなので、ここ登らなかったが、改めて見ても悪そう。前にここリードした私、えらい。と我が身をほめたくなりました。
フェイスルートの2P目も、2ピン目かけるまでが少し怖い。オカダさん、リードよろしくです。
最後終わって懸垂するとき、ロープが岩の間にスタックしてしまったけど、仮固定で落ち着いて作業できたのでよかった、よかった。

しかし今の時期、岩の上部は照らされて暑いのなんの。
それにフリー用のシューズ履いたら、きつくて足壊れそうでした。やはりマルチは少し大きめでないとだめね。

降りてご飯食べたら少しお昼ね。
その間、皆さんはちゃわんむしで遊んでたらしい。

2006-0806-1450.jpg
ちゃわんむしを登るヨコカワさん。RPおめでとうございます
#携帯で撮ったので、画像悪いです。


ちゃわんむし(11a)、パワーのいるボルダーチックなルート。核心のホールドが遠いので、リーチがない人には厳しい。
私もプリクリ状態にしてもらってトライしてみましたが、足の踏みかえできず、核心手前で挫折。2ピン目のクリップにも余裕ない感じです。
でも下部、てこの原理(レイバック?)をうまく使って体を上げていくのはスムーズにいって面白かったな。こういうバランス系はわりと好きかも。

2006-0806-1515.jpg
コグレ大サーカスにヌンチャク掛けてくれるカナイさん。
とっくにRP(os?)してるのに、皆のため昨日から4便目だそう。ありがとね


ふーじんの本命、コグレ大サーカス(10c)。本日大賑わい。
人数が多いので、タケさんトライのあと、間に他グループに入ってもらったのだが、急に遠くの空がごろごろしてきて、黄色信号点滅。
後30分くらいで雨来るね、などと話して、順番待ちのオカダさんとふーじんも撤退準備していたが、ものの数分で大雨が降ってきやがった いきなり来るなんて、礼儀知らずだよっ

2006-0806-1619no3.jpg
夕方突然バケツの底をひっくり返したような大雨じゃ~
さっきまで登っていた岩場を、雨が楽しそうに駆け下りてくる。
岩の弱点をつくのは、人も雨も同じなのか、雨とルートまで同じだったりする。
クラックが一番好きみたいで、クラックルートが滝となってました


天候が急変しすぎ&よその方のトライ中だったこともあって、我々、ヌンチャク回収に遅れをとる。
雷も鳴ってて危ないし、ってことで、泣く泣くヌンチャクかけっぱなし、やむをえず残置で下山。
今週末、回収便出しにまた行くのだけど、ちゃんと残ってるかな。
(追記:ちゃんと翌週残ってました けなげに待ってたヌンチャクたち、カナイさんよかったね

amada.jpg
地面にも突如小川ができる。うーむだから小川山なのか!?
登ってきた道が沢下り状態になり、一人岩場に閉じ込められるふーじんであった


蜘蛛の子を散らすように皆が下山していく中、最後までロープのお片付けしていたふーじん。
遅れついでに呑気に携帯で写真なんか撮っていたりしたが、さあそろそろ降りるか、と足元みて気がついた。
…道がない。予想以上に雨足が強く、道と思しきところに勢いよく水が流れている。しかもこれ、小川っていいぐらい水量多いぞ。
しかも流れのせいで、どれが踏み跡なんだかさっぱりわからん。今動いたら、二次災害で遭難しそうだ。

てわけで、降りるに降りられず、岩場に取り残された。気分は離島に流れ着いた、ロビンソンクルーソである。携帯も通じないしさ。
しばらく待って(10分ぐらい?)、雨脚弱くなったところで、下山開始。
どこが道なんだかよくわからなかったけど、帰巣本能でなんとか迷わずたどりつきました。オカダカーの皆さん、心配かけてごめんね。

帰りはカナイさんも加わり、濡れねずみの一同、増富ラジウム温泉へ。
温泉療養っぽい雰囲気漂う、ちょっと変わった温泉。
夕ご飯は、カナイさんおすすめのモツヤ、はお休みだったけど、韮崎IC脇の和食屋さんへ。お値段のわりに品数多くていいかも。

ハプニングの多かった一日だけど、お初の顔ぶれで楽しかった。
今週末の回収便ツアー、またよろしくです

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

よかった、よかった♪

やーその節はどうもです。
危うくまだ別のを残置するところでしたね。
私はまた2峰のアプローチで遭難して、危うく小川山便りに「ふーじん、残置しました」と書かれるところでした。(笑)

結局コグレ一度も触れなかったけど、おかげさまでレイバックRPできたよ!!

8/12小川山2峰にて、残置ヌンチャク全て無事回収できました。
色々とご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。
ご協力いただきありがとうございました。

取り残されて

ヌンチャク君たち、ご主人様のお迎えをまってるよ、きっと。
誰か心優しい人~いないかな。
みんなのためにヌンチャクかけてくれたのだから、傘地蔵みたいに倍になってかえってくるとか(ねーかそんなこと)。

掲載ありがとうございます。
心優しい方々が回りにいて助かっております。ついでに申し上げると心優しい方が連絡又は回収なんぞしていただけるとうれしい限りです。
残置に関して正確には、ヌンチャク7本、セルフビレイ用のスリング1本、環付カラビナ1個です。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。