スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そこに岩があるからだ!

小川山・屋根岩2峰 セレクション(マルチピッチ)

8月19日(土)

withコジマ (亀ちゃん、カタさん=流星めぐり)

20060821023620.jpg
セレクション2P目のドスラブを登る知らない人。
それにしても蜘蛛の糸、人目を惹く美しいクラックです


やーん怖い。足がいまいち踏み出せない。しかもシングルロープ2本、引きずっていくのお~も~い~。
ここはダイヤモンドスラブ。核心のここと4ピッチ目のクラックリードするのがヤで、昨日からブルー入っていたのだ。
でも固まっていても、炎天下干物になるだけだしな。自分を信じて動くことにして。
そろりそろりと重心を移し変えたときには、真剣ほっとしました。

てわけで、またもややってきました小川山。
強化週間を締めくくる1本は、小川山の人気ルート、マルチの「セレクション」。
会のコジマちゃんと怪しいコンビを組み、来週の錫杖山行に向けた練習です。

ふーじんはセレクション以前登ったことがある+2ピッチ目まではオカダさんと練習したばかりだけれど、連れられていくのと、つるべで同程度のパートナーと力あわせて登りきるのは全く違うもので、いや~今回は実にしょっぱかった。
非常にいろいろ考えさせられ、ためになりました。

1ピッチ目=(フェイスルート5.5) コジマリード
今回はコジマちゃんのキャメがあったので、正規のクラックルート登ってもよかったんだけど、クラックルート、2ピッチ目下部のスラブが死ぬほど怖いので、迷わずフェイスルート(ダーククリスタル5・9の下部)。
1ピッチ目、5.5というグレードついてますが、なめていくとしょっぱなからあせるので、気を抜かずに。

2ピッチ目=ダイヤモンドスラブ 5.8 ふーじんリード
出だしのトラバースが微妙に怖い。スラブは得意なほうだけど、基本的にスラブのトラバースは嬉しくないっす。
下はスラブ5.9グレードだが上部は5.8で妥当。蜘蛛の糸の取り付きを左に見ながら終了点。
ビレイ、灼熱に照らされてあぢいよ。
しかもシングルロープをダブルにしたら、全然ロープ流れてこないし。フリーもするつもりでシングル持ってきたけど、手がパンプしそうなこの重さ。
ええい、次回からシングル2本でなんか登らないぞ!
今回コジマちゃんはATCガイド使っていたんだけど、径がルベルソより細いらしく、シングルだと引き上げに苦労したみたい。

3ピッチ目=トラバース~チムニー Ⅲ級 コジマリード
普通リードは途中で切らないで4ピッチ目取り付きまで登ってしまうが、ロープの流れが悪くなる+下から後続が上がってきて2ピッチ目終了点が大混雑だったので、いったんチムニー下まで行き、そこで切ることに。
が、ちょっとチムニーの岩を回り込みすぎ、ここで木にセルフとって休憩してる間に、後続に割り込みされてしまうという痛恨のミス。
結局2パーティ、5人に入られちゃったよ
ここで30分、この後の登攀待ちとかも含めると、軽く1時間以上は差がでたと思われる。
教訓=クライミングは早い者勝ち

4ピッチ目 クラック 5.7 ふーじんリード
ああ、恐れていたパートが…ここのクラックは、短いがワイドクラックでジャムが効かないので、クラックに慣れていないと登りにくいかもね。
1ピン目かけるまでカムを1~2個かますんだけど、大きさが不明だったのでカムを6個もぶら下げてきた私。
前のグループは銀と青のキャメを2つ使っていたが、げ、銀なんて重いから置いてきちゃった。と思ったけど、木からスタートすれば上まで届くので、青一個でいけました。
でもそのぶん怖いからきつめに入れてしまったので、次回はもう少し考えよう。
1ピン目クリップしてからのスラブも少し悪いので注意。まあ2ピン目までかけてればグラントしないから安心ではあります。

途中3ピン目までランナウトするので、赤キャメを右フレークにかませてみた。
でも上がろうとしたらフレークにロープが挟まってバタバタ。のでヌンチャクで伸ばした。
上、クラックぞいにあがるが、途中かかりのいいホールド適度にあるし、程よい緊張感で登れる。
ただ前のグループが詰まっていて、登攀途中で待機となってしまい、体勢的に疲れました。
途中、ロープの流れが変わるピナクルのところでいったん切り、立ち木でビレイ。

このとき、下のグループのリーダーが上がってきたものの、ルベルソを下に忘れてきた!と困っていたので、ルベルソを少しだけお貸しする。
でも基本的には自己責任の世界。自分に返ってくるかもしれないし、あまりよろしくなかったですね。
(…でも後でこの方にはとてもお世話になったので、このときに限ってはお貸しして良かったです…)
でも逆に自分がルベルソ落としたら、というような状況も練習すべきだな。

5ピッチ目 5.6 コジマリード
本来の5ピッチ目の立ち木まで問題なし。
ただ、スラブに上がるところが少し怖いかも。

本来の5ピッチ目からは凹角を上がって、木を回り込めば2峰の頂上。
左側に6ピッチ目のクラックルートが見えてるが、トラバース怖そうだよ~~。
まだ私はカム技術に自信ないので、今回も5ピッチのフェイスルートで終わり。

全体的な反省点としては、やはりロープワーク。
ロープが絡んでビレイ時にこんがらがったらしいのと、最終的にダブルロープがビレイループのところで数回ねじれた状態になっていたので、結んでからどっち向きでスタートするのか、とか細かいことにも注意していかないと。

懸垂下降
最大の不安はこれ。なんてたって一番多いのが懸垂の事故。
こんな長い距離を初トップデビューなんて、どきどき。でも短いところでちゃんと練習してるんだから、落ち着いていこ~~。

懸垂地点からは、ロープ投げても明らかに溜まる地形。しかも途中に小石が溜まっていて、無理に投げたらラック必至。下から声聞こえてるし。
ってわけで結局、降下と一緒に少しずつフォローにロープ伸ばしてもらうことにしたんだけど、それより首にかけて降りて、途中で落とせばよかったかな。

さて懸垂、1ピッチでは届かないのはわかっていたので、途中支点を探す。
右にテラス見えたのだけど、右側で位置いまいち&少し早過ぎなので、も少し降りてみることに。
しかし、ロープが届く距離に支点がなかったらどうしよう、って降りてるときすごく怖いもんだね。
ここはゲレンデでしっかりしたハンガーあるから、最悪何とかできるけど、本ちゃんはそうもいかない。親の心子知らず、ではないけど、トップの苦労をようやく骨身で感じるふーじんであった。

残り10m弱あたりで切って、コジマちゃんに降りてきてもらう。
もう地面は見えている。ゴールはすぐそこ、2人揃ってさあロープダウン、ってとこで緊急事態発生。
…引けども引けどもロープが落ちてこない。ゲッ、どこに引っかかったんだろう。騙し騙ししてもだめ、渾身の力を込めてもダメ。
あ~こんなスラブ登り返し??と暗い気持ちになってたところに、ロープが落ちてくる。

喜んでいた我々だが、真相は待ちくたびれた上の人が、異変を察してロープをほどいてくれただけでしたどうもすいませんでした。
しかも引っかかっていた原因は、ロープの末端ほどいていなかったという…ああ情けない。全くもー。
あとしちゃいけないミスもしてしまったし、ダブルで悔しい。
個人的な作業は人任せにしないで自分でするのが鉄則だな。でないと隙がでるからいけません。

あと怖いのはラック。上からでっかい石が落ちてきて、私の胸に当たったときはかなり痛かったです。
他パーティからカメラとキャメ4番が落ちるのも目撃。高価なラックだけど、当たると痛そう…

とまあいろいろありましたが、無事地上に帰還。
ああ、生きてるって素晴らしい。
でも10時過ぎに入って降りてきたらもう4時。え~~6時間も岩で干されいていたの。
どうりでコジマちゃんの背中、真っ赤だよ。しかしテーピング焼けには笑えた。
どうせならご祝儀ものの林檎みたいに「寿」とか、クライマーらしく「13」とか、はたまた「金」とか、ご縁起もの文字入りテーピングしとけばよかったね

時間余ったらフリーやろうか思っていたが、もうこの日はおなかいっぱい。
5時、流星めぐりから戻ってきた亀ちゃんカタさんと合流、帰路につきました。

今回も小川山は知り合いがいっぱい。
お世話になった後続パーティは、うちの元会員のクモン君と同行していたことが発覚。うーん世の中狭いもんだ。いろいろありがとうございました。
コジマちゃん、今回はお付き合いしてくれてありがとう。頼もしいパートナーになってくれそうな予感、これからもよろしくね。

セレクション、登りはほどほどに難しく、クラックありスラブありフェースありとさまざまな登攀要素がつまっていて、とっても楽しいルート。
頂上からの景色も最高!お勧めルートです。次回はも少し手際よく行くぞ。

今回の反省を糧に、今週本ちゃんがんばりま~す。でも大荷物背負ってのアプローチが一番怖いかも…

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

そうそう

私のロープも新品同様だから、からみやすいのだ~~。
そんな2人の相性は、じゃなくって、ロープの相性はさていかに。

予行演習のはずが。。。

とんだことになったもんだ。
まっ、何はともあれ、無事に地面に着いて良かったよ。ふーっ。

今度は、ほぼ新品に近いダブルロープだから、キンクに気をつけていきましょ。えいえいおー!
と、その前に2時間?のアプローチがあったっけ。。。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。