スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そんな言葉たち

ここ2週間ほどの間に読んだ中から、心に引っかかった言葉たち。


山行を共にしたくない人、との問いに。
「危険に対する価値観がずれていたら怖くて一緒に行けない。技術、体力云々じゃない、長い登山で生きるか死ぬかってなったときに、そこが食い違っていたらとても登山はできない。」
岳人9月号・加藤慶信インタビュー

「経験豊富なクライマーというのは、強烈な集中力で肉体能力の限界近くの難度をこなすのに慣れている。(中略) 経験の浅いクライマーは、肉体能力の高さは充分にあっても、この集中力が今一つ強くない。特にその持続力がない。」
アルパインクライミング・菊地敏之

「無知とはそのまま余計な労力なんだ」
「アインシュタインが言うようにエネルギーは質量に比例するのだろう。小さいなカエルはなんでもないのに、大きいというだけで、魂のようなものを感じてしまう。」
サバイバル登山家・服部文祥

「雨がこのまま続くか、晴れるかは蓑を着て歩いてみるとよくわかります。湿気が蓑の中にこもるようなら、雨は降り続きますが、湿気が蓑の中にこもらないようになると雨はあがります。」
剣岳<点の記>・新田次郎

「(塩を運ぶ)馬子たちは夜は野宿したらしく、夜になると(十何頭の)牛を輪にして足を内側に向けて寝かせる。そして輪の真ん中で火を焚きます。火を焚かないといろいろな野獣がやってくるので、それを避けるために焚く。本人は牛の腹へ体をすりつけて寝る。これなら野宿ができるわけです。」
塩の道・宮本常一

   (敬称略)

経験の、重みです。

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。