スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なぜなに相談室 レッドポイント編

素朴な疑問。
ねーどうしてルート何回目かで登れたとき、「レッドポイント(red point)」っていうの??

赤(red)の意味から派生して、「うう、心血注いで目標達成したぜ」とか「情熱掛けた得点じゃー」とか「幸運にも得点にできたわ」とか、そげな感じかと想像してみる。

クラックでは、「ピンクポイント(pink point)」ってのがあるから、色シリーズになってるのかな。
でもこの2つだけで、ほかの色、クライミング一般語になってないし。

Cliffさんのとこの用語集で、「イエローポイント」というのがあるらしい」と書いてあったけど、確認とれなかった…
誰か知ってたら教えて~~!!

コメントの投稿

非公開コメント

ただいま捜索中!

今までのまとめると
・赤丸の話は「生と死の分岐点」P92に載っている。
(らしいが、貸したまま本が返ってきてないので未確認。え~私からこの本借りた人、至急返却してください。)
・ホワイトポイントに関しては、ロクスノorフリーファンのBNのクライミング用語集に載っている。
・イエローポイントに関しては、データー元未確認

という状況。後は書籍のBNをあたるべ、というところなんだけど、BNが手元にないのでまだ調べてないの。
クライミングなんて資料は限られているので、出典はおそらく決まってくるでしょう。
一応私は編集者なので、孫引きとかであいまいなことは書きたくないんだな。まあ気長に調べていきますよ。
名無しさん、どーもでした。v-283

レッドポイントの語源は誰だか忘れたけど有名なクライマーがクライミングのルールが確立するまえに自分がリード+ノーテンションで登れたルートに赤い丸印を付けていったところから始まったと聞いています。
レッドポイントの定義が確立する頃はマスターが基本でプリセットされた状態での完登はレッドポイントには見て貰えず、一段したのピンクポイントに、トップロープはホワイトポイントになったと記憶しています。

どっちでしょね

>yokoさん

ホワイトとイエロー、元ネタを確認できなかったので触れなかったのですが、そのへんでしたか。
ホワイトポイントだと、イエローに比べてビギナーの初々しい健闘ぶりを讃えるえるイメージなので、個人的には好きかも。

すぐには結論でなそうなので、折を見つけて調べてみようっと。
情報提供してくださったお三方、どうもありがとうございました。

トップロープ完登は・・・、

ロクスノかフリーファンのバックナンバー(どの号だったか忘れました)にフリークライミング用語集が載っていて、それには
「ホワイトポイント」=トップロープによる完登
と書いてあったと記憶しています。
イエローとホワイト、両方あるのかな・・・。

K島~

ううっ大好きv-347
赤に近い、ってことでピンク、ってのはすごく納得できる。黄色にはそんな意味もあるのか…
やはり語源とか由来を調べるのには、そのものの育まれた土地の言語とか、背景まで広げないとダメだな。
やっぱりクライミングって、欧米から生まれたものなんだねー。うーん日本は遠い。

由来までは。。。

調べたけど、やっぱ分からんねー。

以下は推測。
「Rotpunkt」って言葉が一般的になったのが1970年代フランケンユーラらしい。で、その当時は、マスタースタイルで登るのが当たり前だったはず。でも後々、ギアはセットしたままで何とか登りきれたコトを言うのに、同じ言葉を使うのはどうかってことで、赤に近いピンクを使ったんじゃなかろうか。

pink=赤に“近い”ってことで、左翼“がかった”っていう言い方もあるので、なんとなくだけど、アメリカ人が使い始めたんじゃないかなー。クラックの用語っぽいし、クライミングのスタイルとかethicの論争してたのもアメリカだしねー。
(ついでに英語でyellowは「嫉妬深い・卑劣・臆病」なイメージです)




そっかぁ。 こりゃ失礼。
ピンクポイントに関しては語源は調べても出てこないね。
調べ方が悪いのかもしれないけど。。
想像だと、レッドより薄い? ちゃんとレッドじゃないって意味でピンクなんじゃ・・・

ご協力ありがと~

でも、ピンクポイントのピンクはなぜピンクか、やっぱり不明なのだった。

ちなみにある程度調べて書いたけど、確認取れなかったことは書かなかったし、中途半端だったので調べてないように見えるのか~(悲)。
音と数字なんか、あれだけ調べて書いても反応薄~。ああつまらん。

教えてちゃんって言われないように。。。

K島さんが言いたいのは、人に聞く前に、ぐーぐる先生に聞いてみー。 ってことでは?

http://www.google.co.jp/search?hl=ja&q=%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%80%E7%94%A8%E8%AA%9E&btnG=Google+%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=

まずは自分で調べてみるべし。

Elvisですか、僕はバンビちゃん、って聞いたことがあります。

意味というより由来だよ

どーして色シリーズになったか、ということを知りたいのだ。
だってレッドは想像できても、ピンクポイントって、意味と色が結びつかないもの。
イエローはちびっちゃうか~由来は納得だが、TRでも登れたなら、そんな怖くないってことじゃん、と思う突っ込み魔のふーじんでした。

レッド&ピンクポイント位は・・・

自分で調べましょー。

ちなみにyellow-pointは、トップロープで落ちずに登れたコトを指す用語。「ちびっちゃう位こわーい」っていう意味もあるようなので、由来はこれかしらん。ついでに、brown-pointってのもあります(w 推してしるべし。

面白いところでは、Elvisっていうのもあり。いわゆる足がミシン状態のこと。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。