スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

登れば尊し 

インドア講習会(伊東スクール)in Pump1 

今日は伊東秀和さんのスクール、最終日。
8月から1期生としてお世話になり、約3ヶ月毎週1回通っていた。すっかり生活の一部となっていたので、終わってしまってとても寂しい。
伊東さんの欧州ツアーが終わればまたお会いできるとはいえ、一区切りには違いないので、とても感慨深い。
なにせ、ふーじんがクライミングを始めたのは中国留学時代。
クライミング後進地で一人で苦労してきたので、帰国して伊東さんに教わってきた日々にじーんなのである。

なにもクライミングを中国で始めなくてもよさそうだが、ま~これも縁だから仕方ない。
技術という面では絶対日本にいたほうが上達しただろうが、クライミングを通して中国人にすごくよくしてもらったし、異国で辛いことがあったときも、ジムに行けば吹っ切れたので、この国でクライミングと出会えたのは幸せだった。

しかしちゃんと教えてくれる人がいなかったため、独学で覚えてしまったムーブは、帰国後修正するのに苦労しましたョ。
今でも時々逆ムーブが出るし、ランジしたがる癖も、この時代に身につけてしまったんではないだろ~か。昔はムーブなんて全然知らなかったもんで、とれないと強硬手段にでていたのであるな。

だもんでちゃんと教わろう、と一時帰国した際、Pumpのレベルアップスクールに途中から入ってみたのだが、ここで良き仲間と良き師匠にめぐり合えたのは幸いだった。いやほんと。転機ともいえるぐらい。

本帰国してしばらくして、伊東さんがPumpからプロとして独立。その人に合わせた指導をする伊東さんの教え方、結構好きだった。のでお世話になること3ヶ月。
お笑いイケイケクライマーの私が、一応まっとうに登れるようになったのも、伊東先生のおかげかな。一人でやってたら、もっと上達は遅かったろう。
20051101163851.jpg
今日はトゥフックとヒールフックも練習してみました。アイアイ気分で面白かった

正直、スクールに入ったからといって、そんな急にうまくなるわけではない。
でも理論的にムーブを分析してもらったり、自分の登りを見てもらったり、仲間と誘い合って練習したりという一連の行動が、上達への近道になっているのは確かだ。

私のクライミング歴は帰国後から始まるので(それまでルートなんてやったことなかったもん)、過程を知る伊東さんは、いわばクライミングホームドクター。
ビンボーなのでそう毎回はスクールに入れないけど、気持ち的には生涯一弟子、なのである。勝手に思ってるだけだけど。

それにしても伊東さんの登り方、特に足の使い方は、とても華麗で見とれてしまう。
競技者としては、今まさに世界に挑もうとしているところ。
世界の壁は厚かろう。悔しいことももちろん多いでしょう。でも一生懸命な人って熱くてとっても素敵。
みなに頑張ってください、といわれる側の気持ちは重いだろうけど、でもやっぱりそういいたいな。
伊東さん、エイエイオゥ!です。


<終>

コメントの投稿

非公開コメント

ムーブなんて、登ってるうちにできてくるので、あせらなくて大丈夫♪
体が自然と探すんだよね~楽な体勢を。
わたしはイケイケなので参考にならないけど、まわりに優れた先輩たちがたくさんいるから、絶対伸びるよ。
目指せオランウータン!!です。

私もジムで今後ムーブ等を含めた基本的な動きを身体に覚えてもらう予定です。
山岳を通して人とのつながりも感じ、嬉しいあまりです。
ふーじんに追いつけるように私も頑張ります!!
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。