スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

御岳にきてみたけ

御岳・ボルタリング 

3日(土)

20051205015240.jpg


本日は生まれて始めての外岩ボルタリング。
一度やってみたかったんだ、河原でのボルタリング♪
沢好きなので、河原に石ごろごろなんておなじみの風景だけど、沢歩きのときは単なる邪魔モノだから、わざわざこんなとこを登ってみようだなんて思ってもみなかったよ
でもそれだけに、へ~ここ登れるんだ、というギャップが面白くて。

本日の講師は、ボルダー大好きっ娘。のコジマ嬢。
今日も一日よろしくお願いしまっす。

ボルダリングということで、本日はロープもヌンチャクもハーネスもいらず、とっても身軽。
なんかこの身軽感、開放感あってなかなかいいかも。
一方、コジマ先生とえのきど。兄弟子はボルタリングマットを背負っての登場。
ボルダラーってクライマーのなかでもちょっとストリート系みたいな感じなのだが、おお今日は二人ともボルダラーっぽいぞ。
でも一般的にはマットを担いだただの変な人。
御岳でえのき、「背中に背負ってるそれ、なんですか??」とおじさんに質問されていた。

本日、御岳の駅は大賑わい。
どうもJRの主催による「駅からハイキング」の実行日にぶち当たってしまったらしく、参加者が多数徘徊していてトイレも大行列。
も~おもらししてやる!!ってなりそうなほど混んでいた。

本日、ちと寒いがいい天気。散りかけの紅葉もなかなか風情がある。
河原までは5分くらいだっただろか。

コジマ先生、まずは手始めにデラシネボルダーに案内してくれた。
20051205015203.jpg
となりの川ではスラロームの練習なんかしているデラシネボルダー。
下が広い砂地なので、比較的安心して落ちられる


始めての外岩ボルということで、まずはデラシネボルダーの7級、8級あたりからスタート。
易しいとはいえ、ロープで確保されてるわけじゃないから緊張。
落ちてマットからはみ出たら痛いョ、と心配していたが、現実的にはマットよりスポットして後ろで受け止めてあげるほうが大事みたい。
落ちるときも、足から落ちるようにといわれていて、落ちるにも少しコツがある模様。
上まで登りきってから降りるのもけっこうくせ者なんだそうで、登ったはいいが降りられない下降路核心ってなルートもあるそうだ。
でもデラシネは裏から素直に降りれるので問題なし。

さてその後、6級、4級ときたころでふーじん一時停止。巻き戻し&リピートモードになってしまう。4級、右手マントルで体をおこして、左足をあげて乗り越す、というムーブなのだが、このマントルがえしに意外と手こずる。
コジマいわく、このマントルが返せなくて初心者は苦労するのだそう。
こういう動作はジムにはないので、少しえのきも戸惑ってたみたい。ま、すぐに登っちゃうんだけどさ。
ふーじん、沢ラーの卵なので、マントル返しは必須。滝の落ち口とか結構使用頻度の高いムーブなので、ここはクリアしておきたいところ。
でも怖いのもあって、なかなか体があがりきらない。
できないときは何度とりついてもできないものなので、コーヒーとか沸かして少し休憩。その後取り付いてみたら、すっと登れた。
わーい外の4級だ!!
これ、本日のコジマ先生課題の一つだったんです
でも体あげるとき、右手の向きがコジマ先生とは違うので少し時間かかっちゃった。
私ははじめから手首内側に返してると、力が入らず体が上げられないんだ。
コジマ先生、やっぱパワーあるよ。

20051205015319.jpg
スニーカーブルースでトラバースして遊ぶコジマ先生。しかし窮屈そ~

落ちこぼれふーじんも無事、本日の先生課題ができたので、場所移動。
午後、日がでてれば暖かいと思われるデッドエンドにきたが、お日様はまだだった。
ここでみんなで3級にはまる。
う~む、取り付いたはいいが、二手目三手目悪い。
ふーじん二手目すらとれない。正対になって固まってしまうので、デッドなんかしてみるが、空振り続き。左足をポケットに入れてみたりして、皆と違うムーブ考えてみたけど打開策なし。
3人して「うーん登れないね~」とやってるとき、こんなヤツに比べたら俺のほうが、とでも思ったのか、えのきー「ふーじんが先に登ったら全裸で登ってもいい」とか言い出す。
なんだと~自分のほうが先に登れるって思ってるな
(でも実際私だけ登れなかった…余計にぐやじい~。)
その後、コジマちゃんがえのきーより前にボルダー根性で落としたので、コジマちゃん上半身、ふーじん下とでも賭けとけばよかった

えのきは一手が遠い4級なども落としていたが、あとは難しくてできそうにないし混んでいるしで、またまた移動。
20051205015431.jpg
御岳といえば忍者返し、というほど有名な場所だそう。
マットが幾重にも敷き詰められ、人口密度も異様に高かった。
…すご~くむずそう。紐ないと怖くてこんな高くまで登れん


20051205015514.jpg
マミ岩。右の3級とか私など及びでないので、コジマ&えのきー、よろしくよ

マミ岩、わたしは左(6級)、真ん中(4級)のみトライ。
この4級もコジマ先生のふーじんへの課題だったので、できてほっ。
たぶん、私のはオリジナルムーブだろう。右手カチ、パツパツだけど左手伸ばして右手すぐのカチとって、それから右手マッチしてからなんとか右のばして離れたとこのピンチ持つの。
ただ左手カチ、コジマだと身長的に届かないし、右ピンチ取るのが難しくて、我ながら成功率が高いムーブでない。
たぶん普通は、先にピンチ持って、私が右カチにしたとこ左カチにして、正対チックにとるんだろうと思う。
でも私は引きつけムーブが苦手でできそうにないので、変化球ムーブで勝負してやった

右の3級2級はできる気配もないので、触りもしなかったが、中学生くらいの女の子がいて、私なんかよりはるかにうまかった…負けた…
えのきー、この子なら若紫計画できるよ

こうして暗くなるまで遊んで、岩場に最後まで残る私たち。
コジマはソフトクリームにも行きたかったとのことで、残照のなか、遠回りして見に行く。
コジマがいろいろ解説してくれたが…もう辺り暗くてなんだかよくわからん。

いつもと少し違った気軽な感じで岩登りを楽しむ、晩秋の1日。
コジマ先生、案内アンドご指導ありがとうでした

コメントの投稿

非公開コメント

メールお送りいたしました。
スキーツアーへのご招待、お待ちしております。

メール、届かないようです。

スキーはふつう。ゲレンデでは中級者コースをすべってます。
山スキーもうまくなりたいんだけど、ふつうのショートスキーしか持ってないんだよ。
わかんと普通の板で参戦できるとこなら、トライしてみたいですね。よろしくね。
メアドは私の名前をクリックすればでてきます。

冬は雪山が待っているよ。メルアド教えてよ。
ご案内します。スキーは出来る? 

>ヨシイさん
相変わらずのご活躍ですね。
つづら岩は名前だけ。残念ながら、私はまだ試したことがないのです。

>ヨシダさん
いちご白書のヨシダさん?
冬は無理かもしれないけど、いつか新潟の岩場、案内してね。

あるひとからこのブログのアドレス聞きました。
がんばっていますね。負けてらんねぇ

御岳と言えば12/3~4と忘年1泊ハイクをした時、12/3、武蔵五日市からバスに乗り、千足下車、天狗ノ滝、綾ノ滝と廻り、馬頭刈尾根直下まで急登を1時間半かけ登った所につづら岩という大岩にぶつかり、クライマー2人が取り付いていました。
ふーじんさんは取り付いた事ありますか。
我々はこの後、富士見台(霜降り牛シャブ美味かった。)経由大岳山荘経由御岳宿坊原島荘(豪華会席夕・朝食大満足)に至ったのです。
御岳で思い出した次第です。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。