スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熱海 建物めぐり

9月7日(日) ドピーカン。暑くてたいへん。帰る頃から小雨
熱海 建物探訪 
(旧日向邸&起雲閣)


今日は天気がいいけど、クライミングはお休み。
青春18切符消化で、ぶらり東海道線に乗ってみました。

変換 ~ IMGP3630
蒸気機関車はナンじゃ、と思ったら、なんでも明治28年、小田原~熱海間を
熱海軽便という全長25キロの人車鉄道が走ったそうな


変換 ~ IMGP3657
東武鉄道の創設者の別荘として建てられた起雲閣の、これは洋館。
床がタイル張りなんてあまりみたことない。お洒落な感じがいよねえ


小田原で途中下車して小田原城見学。
10年何年ぶりであった。公園内にゾウがいたぞう。

変換 ~ IMGP3622

小田原から観光客うじゃうじゃの熱海へ。
いつも通り過ぎるばかりで実は初熱海。

変換 ~ IMGP3645

駅前に足湯があるので、ここで一休み。
ときどき間欠泉が湧いてるよ


熱海はお金持ちの別荘地だったので、建物もいいものがいっぱいあるらしい。
今回はそのなかでも代表的な2つの建物をみてきました。
まずは1時に見学の予約をしておいた旧日向邸。

変換 ~ IMGP3633

旧日向別邸、別名ブルーノ・タウト「熱海の家」。本日はこの家を見に来ました
週末のみオープンしていて、一回10人の予約制です


変換 ~ IMGP3635

窓の向こうは相模湾。晴れた日は伊豆七島がきれいに見渡せる。
建物の上部分は渡辺仁(銀座和光や国立博物館などを設計した人)の手になるもの。
タウトの設計は地下室を利用した離れ部分。写真禁止だったので、お見せできず残念


タウトは桂離宮をはじめ日本の建築美を広めた人、だそうだけど、難しいことわからなくても、竹や桐やベンガラとか使ったモダンな建物みてたら、言いたかったことが少しわかる気がした。
素材や色彩といった部分はわかりやすいんだけど、微妙な家具や階段のカーブとか空間のバランスとかの感覚が絶妙ー。
住むには収納も少ないし落ちつかなそうだけど、すごーく不思議な空間でした。
興味のある方はぜひ見に行ってください。

変換 ~ IMGP3714
日向邸紹介:
http://www.city.atami.shizuoka.jp/icity/browser?ActionCode=content&ContentID=1123578433506&SiteID=0000000000000
ブルーノ・タウト紹介:
http://ja.wikipedia.org/wiki/ブルーノ・タウト

変換 ~ IMGP3643

隅研吾の設計したバンダイかなんかの別荘が、旧日向邸の向かいにある。
みてみたくて周りをぐるっとしたが、よくわからん


さて、お次は駅の反対側にいって起雲閣でございます。
こちらは鉄道王の別荘だけあってお金掛けてる~~って感じで、また建物ごとに感じが変わっていてよい。
起雲閣紹介:
http://www.atami-sun.com/sun2/kiunkaku.htm

変換 ~ IMGP3651

本日のお目当てその2、起雲閣。
「大正、昭和の浪漫あふれる名邸」だそうで、和洋折衷がすごーくハイカラ


変換 ~ IMGP3654

和室だけど広い窓から庭が見渡せ、開放感あふれる造り


変換 ~ IMGP3658

庭に目をやるときれいな嵌めガラスが目に入ってくる



変換 ~ IMGP3666

部屋のあちこちにステンドグラスが嵌めこまれている


変換 ~ IMGP3669

こういう凝ったつくり、今ではなかなかできないだろうなあ


変換 ~ IMGP3659

この部屋はチュダー朝を意識したとか。梁の太さに現れてるそうで


変換 ~ IMGP3660

なぜかテイストの違う仏像のレリーフ?もあった。
ガンダーラ、ガンダーラ、そこは愛の国♪(←古い)


変換 ~ IMGP3675

さすがは温泉保養地。
風呂もりっぱで豪華、いちど入ってみたいですぅ



変換 ~ IMGP3680

素敵な建物でした


変換 ~ IMGP3690

熱い海というだけあって、街角にも湧き出る温泉が。
帰りはもちろん一風呂浴びて帰りました♪


<終>








コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。