スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小田原・街かど博物館めぐり

3月1日(日) のち でも花粉はバシバシ飛んでる気配…
熱海ドトール→城ヶ崎車で雨待ち→小田原観光

今日はクラたんとシーサイドの予定。でも天気は前の晩から急に午前中雨の予報に変わった。
当日も城ヶ崎だけ状態悪し。でも城ヶ崎マスターのクラたんには、他の岩場という選択肢はないだろうし、私としてもシーサイド、午後でもいいから登りたかった。

熱海でクラたんと合流し、早朝ドドールでコーヒータイム。
現地情報で、確実に雨なのはわかってたけど、待ってダメなら観光でもすればいっか。
てな話をしてると、しゅんちゃんカーが熱海まで来ていることがわかり、拾ってもらえることに。

現地に着くと、ハイ、予報以上に元気よくシャーシャー降ってます。
八幡港から眺めたら、この雨の中パンⅡを登ってる3人組。あー被ってるから登れるかもね。でも皆のやりたいルートは無理だしなぁ。
気長にお昼過ぎまで車の中で待ってみたけど、雨は上がりそうで上がらずタイムアウト。
ジムに転進するしゅんちゃんたちが、小田原まで送ってくれました。
しゅんた&さっちん、どもアリガトね 数時間、一緒にお話できて楽しかったよん。 

そしてブッブーと車が去っていた後、クラたんと小田原観光に繰り出しました。
変換 ~ IMGP4752
小田原って、JRと小田急線との乗り換えで使ってはいるけど、降りたことほとんどない。
けど後北条氏の城下町、そして東海道の宿場町として栄えただけあって、探して歩くとじわじわ面白かったのだ。

その一つが博物館。
小田原の歴史や産業文化の啓蒙のため、民間の店舗や工場の一部を「街かど博物館」として無料で公開しているの。
観光案内所のオバちゃんに薦められ、地図片手に辿ってみたら、何気にプチトリビア&古い建物めぐりでツボだったのでした。

変換 ~ IMGP4750
出桁(だしげた)造りが特徴の、小田原の伝統的な商家がカッコいい。
店内では紙とお茶の両方を扱っていて、ちょっと不思議でした。のりとお茶(←どちらも湿気厳禁)みたいなもん?
(*出桁造り=桁を表に通し軒を支える横梁を渡したもので、商家建築に多い)
(倭紙茶舗/江嶋)


変換 ~ IMGP4747
結納飾りって初めてみた。金銀艶やかで見てるだけでめでたいのう。
「寿留女」っていうのは末長ーく幸せを祈るから「スルメ」(←結納の一品)なんだとさ。
ちなみに水引も全部紙でできてます。 
(倭紙茶舗)

変換 ~ IMGP4753
和菓子って季節感たっぷり。きれいで華があって見てるだけで楽しい~。
12ヶ月の和菓子をいっぺんに展示してあるよ。
茶の湯で使われる和菓子は城下町と縁が深く、小田原でも昔から和菓子作りが盛んだったそう。
ここも大正から続く老舗。いちご大福、とっても美味しかったので2個も食ってしまった
(菓子どころ小田原工芸菓子展示館/栄町松坂屋)

変換 ~ IMGP4755
着物一着にお蚕さんが3000匹近く必要らしい…。ひええ、金子みすずならなんていうだろー。
生糸の手触り最高~~っ。でも世が世なら、庶民のワタクシは絹なんぞ一生縁がなく、草(カラムシ=写真右上の茶色いのとか)なんぞ着ていたんだわ。
粋に和服を着こなした旦那はん(←なぜか京都弁)が丁寧に解説してくれました。
(染め織り館/山田呉服店)

変換 ~ IMGP4761
明治元年の梅干って結構スゴイ。
小田原の梅干は、東海道中膝栗毛にも出てくる特産品。小田原の曽我梅林は関東三大梅林としても有名だけど、あとの2箇所は青梅、秋間だったり、水戸、熱海、越生だったり。あれ湯河原は?
(梅万資料館/欄干橋ちん里う)

変換 ~ IMGP4763
小田原に塩田が多かったためか、北条氏の時代、戦の保存食となる梅干づくりが奨励された。
江戸になると、箱根越えを控えた旅人に保存食として人気となり、宿場土産として知られたそうな。
(梅万博物館)

変換 ~ IMGP4758
城のようなりっぱな建物は、薬屋兼菓子屋の「ういろう」。売薬のほか調剤薬局まである本格派。
薬と菓子の両方取り扱ってるのは、薬と似た菓子を接待用に売ったためらしい。
ういろう、名古屋が有名だけど、もともとはこちらが本家だそうで。
元の時代、明に滅ぼされて帰化した公家が、当時の官職名「外郎(がいろう。外=ういは唐音)」を読み違えて「ういろう」としたことに始まるんだとか。
ういろうHP:
http://www.trad-sweets.com/wagashikaido_4/pg22.html


変換 ~ IMGP4754
小田原城を造るため全国から集められた職人が、小田原・箱根に定住して始まった小田原漆器。
箱根の木材を使った寄木細工や実用漆器が東海道の土産として喜ばれ、その伝統が今に続く。
…手が掛かってるだけあって、いい漆器って高い~。
(うつわギャラリー/石川漆器)


こんな感じで肩肘張らずに楽しめる街かど博物館。
かつおぶし博物館、とか、かまぼこ博物館とかも行きたかったけど、遠かったり、日曜お休みだったりで廻ったのは20箇所のうち7つぐらい。

「店そのものが博物館」 というキャッチフレーズからもうかがえるように、博物館っていっても店先に展示品がちょっこと置いてあるだけなんだけど、老舗店を訪ねて、店の人とお話できてよかったの。
この地で長年生活し、生業としている人の温かさと確かさがしっかりと伝わってきました。
帰ってきてからこれ書くのに、いろいろ調べるのもホント楽しかった~。

変換 ~ IMGP4760
国道1号線にあった道標。旧東海道をもとにして作られ、起点は日本橋、終点は梅田。
なんか「1」っていいよねー。

小田原で一番雰囲気がいいという、西海子小路(サイカチコウジ)の桜並木も見に行きました。
このあたり武家屋敷だった名残で情緒あるたたずまい。文人たちも多く住み、住居跡が小田原文学館、白秋童話館といった形で公開されています。
歩くだけで気持ちのいい並木道にクラたん、目がキラキラッ。
あー桜の老木素敵だったなー。開花時には見事なことでしょう。
小田原城も桜の名所だし、小田原って春に来たらすごく素敵だろうな。…今もキレイだけど、雨が止んで花粉が飛びまくり、いまいちロマン度がっ

駅方面に戻ってきたのは日も暮れかった5時半ごろ。
すっかりお腹もすいたので、駅の近くの老舗のお蕎麦屋さんで食事です。

変換 ~ IMGP4766
大正9年、小田原駅の開業と同じ頃創業の「壽庵」。店のつくりも古風で落ち着きある店構え。
これは、蕎麦と地もののしんじょ(かまぼこ)の入った北条そば、冬季限定で940円。
値段はそれなりだけど、量はあるし、細いそばが濃いめの鰹だしに絡んで悪くなかったよ。
5種類のかまぼこも、名産だけあっておいしい。
ちなみにかまぼこは、形が蒲(ガマ)の穂に似ているから蒲鉾っていうんだって。
豊富な魚と水に恵まれた産物で、箱根の山を控え、魚の保存性をよくするために発展。参勤交代で箱根路を通る大名にも賞味され、有名になったそうです。


ふぅ、今日はよく遊んだねークラたん。
いつもはクラ三昧でろくに観光もしてなかったけど、こんな一日もたまにはいいものでした。

参考:小田原の地場産業の紹介ページ
http://www.ed.city.odawara.kanagawa.jp/jinmei/jibasangyo/jibasanngyotop.htm


<終>

コメントの投稿

非公開コメント

RPおめでとうゴザイマス♪

pecomaさん、これはこれはウエルカムv-22
あの雨の日に登ってただけでも感服モノなのに、RPなんてスゴイっす。
(確かに登れるとしたらパンⅡでしたね。直しておきました~。)
こちらはあの雨の中のぬれぬれ懸垂&登り返しがイヤでアプローチ敗退…。

今週は土曜出撃なのですれ違いですけど、健闘お祈りいたします。
ていうかまずその前に照る照るボーズ作らなきゃi-201

また遊びに来てね~。

はじめまして

はじめまして、pecomaと申します。
時々ブログ拝見させていただいてます。

3/1、雨の日曜日にシーサイドで登っていた3人組とは私たちのことです。この日は結局最後まで私たちだけでした。
アイロンではなくてパンⅡを登っていて、無事にRPできました。
相方はエアーダンスでしたが、さすがに状態が悪くてRPならず。今週の日曜日にエアーダンスやりに行きます(予報は雨)。

これからもブログ楽しみにしています☆
頑張ってください!

ヤバイね

箱根スイーツコレクション。どれも美味しそう~v-384v-274v-273v-271i-277
ああ、この苺v-380の魅惑的な赤がいけないね…


すずひろも入ってるよ。
やはり、これでしょっ♪

私の名前のとこにURL入れてあるから見て~。

パートナー(?)募集中よ♪

惚れるでしょぉ

美人で、絵に描いたような大和撫子なのに、あんな見事にポンピングできるなんて…天は三物を与えてもうたのね。…って、ん??

鈴廣のこのスイーツv-274が美味しそう。
http://www.kamaboko.com/odawarakanko/sato/news/09sweets.html

くらたん、お茶、お華、着物~っ???
それであのお美しさっ???

惚れてまうやろ~。

楽しかったよ~

そうそう、店先の試食も女同士なら遠慮なくできる♪(ん?)。

クラたん、お茶にお花に着物もたしなむ大和撫子だったのが発覚。
…クライミングが道を誤らせたか。

まき母、水引を手作りなんて素晴らしい。
遺伝から考えるに、まきーも道を誤った口だねぃ。
今やケモノどころかケダモノに…。

おぉぉ。
楽しそうっ♪

女の子同士だと、雨でも楽しいね~。
風祭の鈴廣にはZCCの白さんもいるから、今度遊びに行ってみて~。


・・・・そういえば、お結納は母親が全部水引で作ってくれたんだ・・・あたち。


↑ 遠い目。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。