スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

♪夏は(過ぎてないけど) 風あざみ

ある風の強い、平日の午後。
ビルの植え込みで、一人の子供が泣いてた。
臨時登校なのか、鞄を背負った小学校低学年の男の子。
そばに寄って、腰をかがめて「どうしたの」と声を掛けると、
「とれない~とれないの~、ひっくひっく」と、水洟をたらしながら、泣いてるの。

変な言い方だけど、素のままの泣き姿に打たれてしまった。
大人は人前で、あんな風には泣けないなぁ。

ちっちゃな涙に胸をつかれつつ、指差す方向をみると、植え込みに学校の配布物と思しきプリントが引っかかっている。

「なーんだ、こんなことで大泣きしてからに」と思いつつ、
「大丈夫。今とってあげるからね。」
「うん、ありがとう。」
とたんに表情が和らいで、ほっが伝わってきてほろっ。
いいことしてる気分になったふーじん、張り切ってスカートで植え込みに突入。

ところがサツキの植え込み、結構手ごわい。
膝上くらいまである木の枝が、元気よく密集して進入を阻み、体重かけないと跳ね返されそうになる。
しかもヒールの靴、バランス悪くてコケそう。足上げにもこんなにパワーいるなんて~~。

でもこの格闘感、なんかデジャヴ。…冬山で味わったような???
そうだ、ラッセルだ
あーアタシ、ラッセル下手で冬の槍で先頭要員クビになった前科者なのよね。
でも背後には、私を頼りにしてるつぶらな目が。おし、頑張るど!

もがきながら思う。この植え込み、彼はどんなに高く感じただろう。
そのちっちゃな世界から見たら、大人には想像できない無力感を感じても無理はない。
自分の丈から見渡せる高さがすべてだったあの頃…。

少しせつない気持ちになりつつも、体重ん十キロにものをいわせ、クライミングで鍛えたムーブを生かして(?)プリントゲット!

ふ(戻って) 「はい、どうぞ(←内心ぜーぜー)」
子ども(まだ鼻たらしながら) 「どうもありがとう」。と片手を出す。
なんか不自然な動作、と思ってもう片手みたら、手のひらにセミの抜け殻がこんもり。

片手にプリント、片手にセミの殻。
そりゃアンタねーと思う反面、遠い記憶を思い出す。
セミの殻とか、アオキの赤い実とか、道傍のチョーク石とか、親が「捨てちゃいなさい!」っていうようなのが宝物だった時代。

遠い目をしてる大人にお構いなく、子どもはさっさと歩き出す。がすぐに立ち止まって、今度はライトに集まるガを追い始めた。
こいつ、全然懲りてねーな

ま、この子がどんな大人になるかわからないけど、子ども時代を心ゆくまで堪能してる君の感性は、将来豊かに実ると思うよ。
君の将来に幸あれかし。
とりあえず、気をつけて帰るんだよ~っ。

IMGP5949.jpg

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。