スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

頑張れ!ヒヨヒナ

最近、植え込みに呼ばれる。
先日も植え込みを通りかかると、上の梢から、ビィビィ、ビィビィと鳥の鳴き声が。
この大声のおかまいなしモードはなんかのヒナ?、と声を頼りに探してみた。

ほーら、見つけた。ちょこんと仲良く枝に止まったヒナ2羽。
ガタイは一人前だが、まだふわふわした毛の、口のふちがまだ黄色いゴムパッキン小僧。
これじゃ、すぐ外敵にバレちゃうじゃん。

IMGP5973.jpg
ホンモノのくちばしの黄色い若造、です。
もう一匹は写ってないけど右側にいるの
ゴムパッキン君、人に気がついても無警戒。
ひたすら一点を見つめて、ビィビィ鳴き(泣き?)叫んでる。

視線の先には、少し離れた枝に止まる1羽の鳥。
口に何か白いものくわえながら、ちょろちょろ私のことを見ている。明らかに警戒してます。
どうやら、「巣立ち間もないヒナに親鳥が餌を運んできたが、人がいるので近寄れず、ヒナがじれったがって鳴いてる図」、らしい。

親の姿から、ヒヨドリのヒナと判明。
体は灰色というより茶色っぽいし、何より赤ほっぺマークがまだ目立たないから、ヒナの姿からは想像できまへん。

じーと見てると、親がぱたぱた羽ばたいていっちゃった。
子どもを見捨てる気か、薄情者~とおもいきや、向こうで鳴く声がして、ヒヨヒナの声がひときわ高くなる。

「お母さん!どこいっちゃったの?」
「坊や、そこは危ないからこっちにいらっしゃい!」
てな感じ?

2羽のうち1羽は後を追って飛んでいき、もう1羽(ずっと鳴いてた方)もぐずぐずしてたけど、促がされてようやく飛んでいった。

いやあ、かわいかったけど、あまりにヒナが子ども子どもしていてびっくり。
なんでも、ヒヨドリは生まれてから巣立ちまで10日ほど。
まだ空もロクに飛べないうちに巣立つので、親がしばらくは餌を運んだり面倒みるらしい。
つまりこの時期は見習い期間、何も知らないのも無理ないかー。

生存率が低い分、短期間で巣立たせ、そのぶん親はたくたくさん卵を産む、というのはわからんでもない。
あまりにも世慣れてないヒナのいたいけな姿に、こりゃ生き残るの大変だわ、としみじみ思いました。
自然界は厳しいのう。

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。