スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笹穴沢で滝修行

赤谷川・笹穴沢(利根川水系)
東京~水上~川古温泉(泊)~赤谷林道~笹穴沢~登山道~平標山山頂~山の家~元橋~川古温泉で車回収~湯テルメ~水上~東京
のち

今回の沢登りは、平標山に詰めあがる赤谷川・笹穴沢だ。
西ゼン、ナメラ沢、ナルミズ沢に続き、なぜか谷川・水上方面を攻める今期の沢。
がっちゃんが土曜泊り勤務明けとのことで、土曜夜発日曜帰り。
水上駅にPM10時くらいに集合。乗り換えの接続が悪く、途中高崎で50分以上待ち合わせなので、改札を出て閉店間際の惣菜屋さんで半額の寿司やカツなどを買っていると、ガツコ嬢と遭遇。

水上ではヒロタンが新車(代車)で待っていてくれた。
どうもこの日、朝から大雨が降っていたらしく、かなり地面が濡れている。いまは収まっているのでよかったが、翌日沢であった人は、雨で沢が増水して、お酒が流されたと悲しそうであった。
20051007154731.jpg

車で川古温泉まで入り、車のなかで前夜祭。
しばらくして車が何台かきたかと思うと、タープまで張り出して異様に盛り上がってきた集団が。
「いや~うるさくなりますがすいません」「明日はどちらへ」なんて会話から始まり、「一緒にどうですか」と誘われたのを期に、向こうに移動し飲み始めるヒロタン。
私とガツコは就寝してしまったが、ヒロタンは遅い時間まで楽しく飲んでいたらしい。

お盆に双六にいったら、大学生の遺体に遭遇したとか、俺らも明日は笹穴沢だ~とかいろんな話が聞こえてきたが、彼らが釣りと沢で有名な岳遊の皆さんであることは翌日知った。
面白いのはちょうどその日、「上越の谷105ルート」の本を買って、そのまま笹穴に持っていったら著者の豊野さんがいたってこと。
ヒロタンがサインしてもらったので、今私の手元に沢守りとして残っているが、ううむ、いつもながらワタクシのお出かけ運のよさは一体なんだ。しつこいようだが、この運が金運か男運に廻っていれば…
20051007154747.jpg

さて翌日。天気はなんとか持っているので、予定通り出陣する。
出かける前に駐車場わきのグリーントイレに言ったら、ヒルが一匹おみやげでついてきた。一瞬ヒツゴー沢の悪夢を思い出したが、幸いそれ以上の被害はなかった。

林道はそんなに道は悪くなく、入渓点もわかりやすい。
笹穴沢は手ごろに登れてほどほどに難しい滝が幾つもあり、なかなかよい沢である。
ただ水が冷たかったのと天気がいまいちで、ナメの滑り台を試せなかったのが残念。
滝は幾つかヒロタンがロープだしてくれたが、私はすべてノーテン。
っううか、大丈夫だと踏んだところはロープつけずに登ってしまい、後でよろしくなかったと反省。
しかし相変わらずヒロタンは歩くの早いし、バランス感覚に地図読み能力抜群。若かりしころ、沢ばかり歩いていたというのも納得のすごい人だ。
20051007154808.jpg

さて、そんな感じでがしがし登っていく。笹穴の源頭部は霧につつまれた美しい草原&背丈の小さな笹で、癒し系。気持ちよく登山道にたどり着く。
平標山頂上はすぐ。頂上からの下山道は苗場方面にとったが、木道階段で整備されて、下りやすくてとても楽。途中の山の家では、苗場に車を回しておいてくれた佳代ちゃんが、3時間以上も待っていてくれました。渋くてナイスな小屋の主様にもありがとです。
このころになると本格的に雨が降ってきたので、急ぎ足でおりる。

温泉のあと水上駅まで送ってもらうと、雨のためJRが一部不通とのこと。
JRが代行でタクシーを沼田まで出してくれたので、それに乗って帰る。
大雨なのは水上だけかと思っていたら、東京でも埼京線が時速15kmのノロノロ運転。有楽町線の終電に間に合うか、ひやひやした。

まあいろいろあったけど、笹穴沢、おすすめだ。
プチ米子といった趣で、ナメも美しく滝も手ごろ。アプローチもそう長くなく、道もよい。次回、天気のいいときにまたきたいな。
そうそう、イワナを釣ってるひとたちもいたので、次回は釣竿持参でいってみたい。
20051007154840.jpg

<完>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。