スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

できぬほど頭を垂れるふーじんかな (2/2)

2月5日(日) 快晴!
アイスクライミング
吾妻渓谷・不動の滝
(F1、50m・70~80度)

ヤツの美濃戸口駐車場である。朝7時、携帯の目覚まし音でおめざめ。
昨日は北アから移動してきて、本日大同心ルンゼ(=大同心大滝)を登る予定。
が、えのきど。師匠が珍しくシュラフにもぐったままなので、これ幸い二度寝をむさぼる。だってヤツ寒いんだもん。展望荘なんて-24度だって。

…1時間経過。師匠起きない。なんか変だ。
と思ったら、どうやら負傷している足の具合が良くないらしい。
氷を登る分には大丈夫だが、ヤツだとアプローチでの負担が大きいので、転戦しないかとのこと。大同心ルンゼ、ラッセルになりそうだからね。
事前にラッセルやだ、と日和った私に「アルパインクライマーなら、ラッセルできるぜ~と喜ばなくてどうする」とのたもうた鬼師匠のこと、かなり脚の具合、悪かったのに違いない。
大会前の大事な体だし、そんな御足じゃラッセルも難しいでしょう。やめましょやめましょ♪と力強く賛同するふーじん。
だって私のラッセル力のなさ、モッチ師匠のお墨付きだもん。

というわけで、群馬の吾妻渓谷に向けベッスイ爆走中。2週間前、会の山行を行った不動の滝に行くのである。
このときの山行、私は鉱泉の講習会に出ていて欠席。
サボりの不良生徒にマンツーマン補講を行ってくれるなんて、えのきー先生ったら、なんていいやつなんだ~
瞳ちゃんに綾瀬はるか風コスプレ、頼んどいてあげるね。

本日、潔いほどの青い空。快晴のなか気持ちのよいドライブだ~い。
車窓に見える雪を被った山々に心ときめく。がふーじん、ことごとく山の名前を間違える。
(だからってえのきー、人の話聞いてないようでいて、間違ったときだけ指摘しなくてもいいのよ)
しかしヤツからと意外と遠かった…道も狭いうえにわかりにくく、ベッスイ、滝の入り口探してウロウロ。すいません無能なナビで。

現地到着は昼過ぎ。2週間前はドロドロだったという瞳ちゃんスリップ事故現場も、今はガッチガッチに凍っていた。ので入り口からはアイゼン履いてたほうがよいですね。

不動の滝は、駐車場からわずか10分ほど。遊歩道から沢沿いに歩いていくと、不動の滝のF1が見えてくる。
滝の高さ50m、下の幅10mと堂々たるもので、なかなか見ごたえあるが、全体的な傾斜が70~80度くらいということで、フレンドリーそうな気配。これならいいお友達になれそうな

先客で年配の女性と男性が1組だけ。彼らのトライをしばし待つ。
しかし待ちきれ~ん。早くノミック振りたいよ。
待ちきれなくなって、滝の下の方でゴンゴン振っていると、上から氷が落ちてくるのであわてて逃げ帰る。

やがて2人組が降りてきた。えのきど師匠~、トップロープお願いします。
余裕のえのきー、さくさくっと抜ける。怪我人とは思えませんね。

お次はふーじんの番。さてどうかね。
登る前、前回会のみんなはノーテンで抜けてるよ、当然…とプレッシャーをかけられ、胃痛モードのふーじん。
でも登ってみたらやっぱりフレンドリーだった。本日温かく、氷の質も柔らかめ。ビンビンに凍ってるヤツと違い、さくさく刺さるし、何よりバイル振るわなくても引っ掛け跡も足の置き場もたっぷり♪
と気持ちよく登っていると、あと3分の1でオンサイト、というところで悲劇が起きた。

…騒動の主はやっぱりアイゼン。もはや「アイゼンが外れた~」はお約束なのか。
外れて変な向きになってしまって危ないので、直そうとしたらそのまま落下しちゃうし。も~っ
私の革靴はやわらかいので、やはりアイゼンには向かないようだ。早急に靴問題の解決を図りますです。
というわけでなすすべもなくロワーダウン。いや~これが怖かった、つるつるの氷に靴底だけあてて降りるのは。相当滑ります。

2便目、アイゼンぎゅうぎゅう締めて出直し。ノーテンで今度こそ抜ける。
これくらいの傾斜で氷質なら、落ちる気がしない。アイゼンさえきちんとついてればね

何回かこうやって登り下りの練習するつもりだったのだが、時間が押してきたので、急遽予定変更。
私にフォローで登ってくるよう申し渡し、えのきーは懸垂用のロープをも1本、ビレイループに結んでするする登っていく。
そうそ、前回痺れるシャワークライムをしたというF2を見に行かなきゃね。
(←2週間前と違い、もう凍っていい感じになってたらしい。参考までに)。

さて残された私はビレイをしながら考える。
ええっとフォローってのは、スクリューとヌンチャク回収して登ってくんだっけ。ってことは、スクリューを引っ掛けるギアが必要だな。
あと何回か練習するつもりでいたので、いま空身。あ~カラビナでも取って来なくては。
というわけで、解除、のコールがかかると、荷物の置いてあるほうへトコトコ歩いていってしまった。のが今思うと不幸の始まりだったか。
カラビーをぶら下げて戻ってくると、!? 私が結ぶはずのロープの先が見当たらない。
おんや~、と思って見上げると、そ~です、もうたぐりあげられちゃって、ヌンチャク2ピン目すぎで、こっちにおいでいないないばあ、と揺れているのでした。きいっロープめ、届かないと思ってバカにしおって。

どーしよ。ロープください、っていってみたんだけど、いまいちコール聞こえてないかも。
……
あっ、ロープ落ちて来た。わ~いありがとー。

しかし、ここで急に不安になる。
今ここで登っていいのだろうか。昔、コールないのに登っていって、イトーさんにガンガンに怒られたことがあった(←実はコレとは状況が違う)。コールあるまで、待っていたほうがいいのかなあ。状況わからないときには、ダメなのに登るより、いいのに待ってたほうがマシか。
……
……。
硬直しているふーじん。(←どうせ待つなら結んで待てばいいのに、このへんの段取りが悪い)
とうとう泣きを入れる。「ど~すればいいっ~!!」
「○×*□」
コールよく聞こえんワイ。

やがてたまりかねたか、えのきー登場、上から顔をのぞかせる。
「紐結んだ??」
「ま、まだ~(あっ、行っていいのか)」

ってわけで、ようやく登攀開始なのである。
しかし、少し外れたところから取り付いてしまい、抜けた2ピン分の回収忘れるというおまけつき。
3ピン目からはさすがに気がついたけど、も~ダメダメ。登り以前の問題です。

…って、書いてて自分ですご~く情けなくなってきた。
最近このブログ、自分のできない自慢になってきてるし。
ええそうです、あたいはおばかさんよ(←開き直り)。
でもがんばっていろいろ覚えて、一人前の山ヤさんになるんだもん。負けないもん、ぐすっ。
…それまで周りに見捨てられないとよいが。
しまった、バレンタインにワイロぐらい送っておくべきだったか。

と落ち込みつつも、登りのほうはそれなりに、で終了点到着。懸垂で帰ってきた。

このあとは、えのきど。師匠による指導講座。バイルの振り方、スクリューの入れ方を中心に教わる。
スクリューに関しては、横パパに教わった成果がでたみたい。これくらいの条件なら、次回リードもできそう。時間がなくて、試せなかったのが残念だけど。

こうして5時くらいまで練習して、傾いてきた日のなか引き上げる。
帰りはお城の温泉に入り、オムライスを食べて帰宅。

朝から、えのきーの運転時間は相当長かった。おまけに不良生徒がいろいろしでかしたもので、精神的にもかなりの疲労だったに違いない。すいません出来が悪くて。
でも今回、私にとってはほんとに勉強になりました。どうもありがと。
これに懲りず、次回もよろしく頼みまっす。

いろいろあったけど、やっぱアイス面白いや。
滝それぞれに個性があって、氷は生きてるって感じが良いですね。場所同じでも氷の質も日によって違うし。
何より、氷はとっても綺麗じゃ。雪とか氷、大好き
ルートも自由に取れるから、行動に幅がでるのもいいですね~。
氷は今季始めたばかりだけど、とっても楽しいから、それだけに上手くなりたいなあ。めげずにガンバ!だわ。
と、自分で自分を励ます如月の夜でした。

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

ハング越え、アイスムーブがあるのか…
チーターさま、ぜひ教えてv-421
でも今日の講演会のVで、少し技の一端を見た気分。
そういうムーブの練習場所、欲しいですね。

ハングってハング越えのことでしょう。あれはムーブだって。
ハングのムーブとハング越えのムーブは別だから。
フリーのハングとはもっと別だから、アイスはアイスでやんないとね。
またどっかであったら教えてあげるね。

>チーターさま
北の地はチーターが生息するには、環境が厳しかったんですか。
私のほうはあとでブログアップしますけど、まあ予想どうりというかなんというか。
何がぐやしいって、ハングが登れないんですよ全く。
以前からの課題でわかってるだけにも~っ、とふがいないっす。
ジムでかぶり練習するしかないですね。

北の地で惨敗。
ふーじんはどうだった?
こちらは再来週、最果ての北の地にさらに出陣。

>愛読者さま
ってなんだ~氷のチーターさんですね~(今頃気づく)。
そちらこそ、北の大地で頑張ってくださいまし。
私の場合、頑張りにも限界ありますが、チーターさんの実力はトリノ級ですから。
あの華麗な足さばきが忘れられない…v-347

もし、出陣するなら、頑張ってこいよ!
こちらは、これから北の地へ!

>太夫さま、誕生日おめでとうございます(って遅いか)。
来週、楽しみにしてます。
たぶん山スキーは滑れないので、ご迷惑かけますが、無理ならわかんで参戦します。よろしくです。
(そうそ、細かい打ち合わせはメールにしてね~)

ふーじん、おはようございます。
今日8日(水)は何の日、針供養の日ですよ。
それと私の誕生日なんです。
天気が良さそうなので、今日これから行く、岳友6人と往復新幹線で行く、岩崎新百名山の「沼津アルプス」縦走が楽しみです。
友が山頂で替え歌で祝って呉れるそうで嬉しい限りです。
返礼に私はトン汁振る舞いです。
24日(金)・西武池袋線保谷駅北口(18時)宜しくね。

…袋田の滝ならお断りっ。くそう。
他のとこなら、空いてればいいよ。

平日アイス or Mix 行かない?

なんせ昨年の槍、まだ書いている体たらくですから。
今日中にUPしたら、ご褒美にフリー、平日付き合ってちょうだい~
…って無理か。

まだぁ~。例会来ないんだから、ちゃんと今日中にUPするように(笑)
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。