スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私をスキーに連れてって・山形蔵王編

2月10日(金) 蔵王温泉スキー場
2月11日(土) 栗子国際スキー場
2月12日(日)ときどき 米沢スキー場

今週は清く正しく、ゲレンデスキーです。
おっ、なんかマトモ。スポーツ、なんかやってる?という飲み会会話に、引かれることなく、フツーについていけるね。

遡ること2週前。ゴトーちゃんから「蔵王にスキーに行くけど来ない?」とメールがきたのが始まり。
このメール、蔵王からアイスクライミングの帰りに受け取った。スキー場のすみっこをトコトコ歩きながら、いいナ~滑りたいナ~を連発していたのが、聞こえたようなタイミングの良さ。

てわけで、ゴトーちゃんと2人、米沢市に住むゴトー友にご厄介になりながら、スキー三昧の3日間を過ごしました。

1日目:蔵王温泉スキー場

木曜夜23:30、東京駅でゴトーちゃんと待ち合わせ。23時45分発の深夜バスで蔵王温泉スキー場まで4500円。安いね~。
バスでうとうとしてるうちに、山形の蔵王温泉スキー場到着。朝7時30分ぐらい。
ゴトー友のカミヤマくんが車でお出迎えに来てくれたので、リフトが動くまで車で待機。

本日、お天気はよくない。それでも樹氷で有名なとこなので、まず樹氷原コースにいくど、と張り切るゴトー。正月来たとき快晴で、その景色が忘れられなかったらしい。
この天気じゃ展望きかないのに、1661mの蔵王山頂駅まで連れていかれてしまう。
…ほれ、思った通りただ寒いだけじゃ。樹氷モンスターも降雪でよく見えないし。
隣が地蔵山なのにちなんでか、人の2倍はありそなおじぞ~さまが胸まで雪に埋もれていたのが怖かった。

あとはなんだかむやみに広いゲレンデを、ゴトーちゃんについてぐるぐる回る。
なんせ蔵王や野沢のように、歴史の古いスキー場は移動が大変。蔵王も7つもゲレンデがあるせいか、ゲレンデ間の並行移動が多い。
まさかスキー場でこんなにクロカンしようとは思わなんだ。ぜいぜい。

私の板は100cmぐらいのショートスキー。スノボとスキーのいいところを足して2で割ったような、と私は大変気に入っているのだが、短い分スピードはでなくて疲れるし、普通のスキーについていくのは大変だ。おまけにストックもないし。
ゲレンデ暴走族・ゴトーのあとを、けなげに短足板でついて行く私。深夜バスでの移動で寝不足なので、疲れ3割増しである。

1年ぶりのスキーは、まだ1日目だけあって、少し体が固くてノリが足りない。
でもクライミング効果なのか、去年と比べ、バランス感覚が良くなった気がする。

ゴトーちゃんはスキー検定、2級受けたぐらいだからそれなりにうまい。体力もあるのでバンバン飛ばす。
ふーじん、スキーは中級コース専門、ときどき上級にも登場してみる程度。
のに「蔵王にきて横倉滑らなきゃ、蔵王に来たといえないよ」という言葉にだまされ、最大斜度38°の横倉の壁に突っこんでしまい、オーマイガッ。
せっせとコブを整地し、雪だるまになりながら、斜面の穴堀り作業に精を出す。
…でも去年行った八方の黒菱に比べたらマシよ。こんなの恐るるに足らず。
と、思いたくて2度滑ってみたけど、やっぱり滑ってるより転げてる時間のほうが長かった。まだまだ修行が足りん。

2006-0211-2020.jpg
米沢の街で見かけた雪灯篭。幻想的でステキ

2日目:栗子国際スキー場

今日はカミヤマくんちから車で30分の、アットホームな雰囲気の栗子に来ている。
ふーじん、中級スキースクールなんてのに入ってみたぞ。
スキー、今まで適当に滑っていたけど、正解知らないのでは努力のしようがないし。

栗子のスキースクール、ロープウェイ1日と一般レッスン1日(4時間)がセットで6500円とお得。しかも生徒は少人数、てか私1人でマンツーマンだい♪
ショートスキー抱えてストックも持たないで登場したので、先生驚いていたけど、ストック貸してもらい、ショートスキーバージョンで教えていただいた。

<本日教えてもらったこと>
・やはり基本の八の字、大事
・テールターンとシュテムターン
・スキーのカービングをつかう方法
・急斜面を降りる方法(滑るのではなく、ずりずり落ちる方法)

<修正点>
・苦手な左足を利き足の右でカバーする滑りになっていた。意識して左足も訓練しよう
・腰の位置と重心のかけ方。アイスでも同じ、へっぴり腰にならないよう注意!
・顔は正面、視線は遠く行きたい方に

ちなみに人間、思っている以上に利き手、って生活に影響しているらしい。
脳が左利きの場合、右脳が発達する、利き足は逆足、というのは知っていたけど、ほかにも後ろを振り返るとき、正座した足を崩すとき、足を組むとき、受話器を持つとき、自動改札を通るとき…すべての向きに、利き手が影響しているらしいんですね。
ですから皆さん、私の物覚えが悪くても、それはたぶん、右利きの皆様より左脳の回転が足らんせいです。温かい目でみてやってください(?)。

インストラクターの先生と話していて、ショックだったこと一つ。
学生の頃、足は揃えて少しずらし気味にして滑る、って習ったのに、いつの間にやら足は肩幅くらい開いて、エッジを立ててカービングで滑るようになったらしい。
「足揃えるのは、道具の発達してなかった**年前ですね」って…。
あっ、歳バレた。ど~せ私は部活のときに水飲ませて貰えなかった世代だよっ。
なんか冷たい風の吹く会話であった。

って話を愛しのマッキーにしたら、まっきはおじいちゃんの形見ばり(?)の板目のテレマーク板、持っているんだって。そういや、あたしも木のテニスラケット、持ってた…やっぱり同世代

そんなこんなで有意義なスクールであった。残りの時間は復習にあてて、ひたすら滑り込み。
しかしフォームの矯正で腿に負担がきたのと、雪が強まり寒くなったので、私は5時過ぎには撤退。レストランで2人を待つ。
事前の約束では5時半ここで、という話だったのに、カミヤマ氏6時、ゴトー氏に至っては6時半まで滑ってるし。
おんどりゃ~待ちくたびれて、爆睡しちゃったぞ。

3日目:米沢スキー場
2006-0212-0906.jpg
ゴトーちゃん、ちょっとこの写真、スキー写ってないよぉ

このスキー場もそんなに大きくないけど、長めで幅もあり練習しやすい中級コースがある。
レッスンを受けて、一皮向けた(はず)のわたし。スピードよりフォーム意識して滑っていたので、暴走族とは別れて個人練習。
…しかしさぶい。地元の人がいうのだから間違いない。リフトでてっぺんまで行って走っていると、ほっぺたがちぎられるような冷たさである。

1日目は上の方、吹雪いて生命の危機を感じたので目出帽を被っていたが、今日は雪はそんなに舞っていない。
見渡すとスキー場でこんなのを被っているのは誰もおらず。視界がよすぎて、被ってると少し恥ずかしいかも。
しかしほっぺた感覚なくなってきて少しヤバ。ので少し途中休憩いれつつ、帰る直前まで練習した。

さすがに1日目よりうまくなってきて、手ごたえあり。
寒さにもめげず、滑るのがとても楽しいのだが、残念ながらタイムオーバー。
12時10分、スキー場発の高速バスで東京へ。

今年はアイス中心だから、もうゲレンデスキーは行かないと思うけど、やはりこれくらいみっちり滑れると満足度が違う。
あいにくの天気で展望は望めなかったけど、なかなか良い雪質のなか滑れたので良しとしよう。

この特訓を糧に、月末の山スキー、できるとこまで滑ってみようっと。
ピストンだから、駄目ならワカンでとぼとぼ歩いてくればいいのだ。
…こうして、飲み会で引かれるハードな日々に戻っていくのであった…

コメントの投稿

非公開コメント

私は今季初めての山スキー!!

ふ-じんさん予行演習やってますね。そう言う私も今季初めての山スキーで2/16~17尾瀬OGNほたかスキー場から上州前武尊山(2040m)迄登り1時間20分、その先の剣ヶ峰直下から谷底まで豪快に滑って、沢沿いに下降、途中から登り返し2時間で結構汗かきました。お蔭で咳が出る体調不良が逆療法で直ってしまったみたいです。
そうそう泊まったペンション、かまくらがあり、飲み放題でしたよ。私は体調不良でいち早く布団にもぐりこみでしたが、ふーじんさんなら大喜びだっただろうなーと思った次第です。

はっ…タイトル変えようかな…
音楽、テレビ、映画、このへんの話題はタブーだなv-293

板もそうだけど、

今回の場合、タイトルで年齢バレだな(w

おおっ、ゲレンデのなかのテレマーク…ま、まぶしい。
どうあがいても目立ちますな。
(…でもほんとの木製かと思ってた…)
山スキーもいつかちゃんとやりたいんだけどね。
でも今年はアイスに専念じゃ。

模様模様♪

へたでめだっていたというよりは、スピードがのろくてめだっていたな。
ゲレンデで練習してた時なんか、普通のスキーの人の中をスローモーションで動いてる感じだったもん。

本当の木製なの?それともただの木目模様?
目だって下手なら悲しいけど、まっきなら何やってもできそうだから、少々目立ってもいいのでは…


しかもさー、その板はいてた時はテレマークは、派手な板が流行ってたときで又逆に目立つのよ。
木目が・・・・。
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。