スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らざぁ 言ってきかせやしょう

歌舞伎座

重要無形文化財、そしてユネスコの世界無形遺産でもある歌舞伎。
歌舞伎の殿堂である歌舞伎座とも、もうすぐお別れです。

銀座界隈は、幼い頃からお馴染みのお土地柄。
懐かしさもひとしおの御名残三月大歌舞伎となりました。

変換 ~ IMGP8311
ずらっと並んだ赤提灯、鳳凰丸紋が染め抜かれた紫の垂れ幕が
唐破風の白壁に映える。かっこええなあ
…うーむ、やはり岩櫃城とは格が違う(笑)

変換 ~ IMGP8284
今月の千秋楽は28日。
四月公演はいい席が取れたので楽しみ♪
*前売り分は全公演、すべて売り切れです

変換 ~ IMGP8267
明治22年に開設された歌舞伎座は、三度の大改築を経て現在4代目。
正面は、城郭建築と社寺建築を基調にした桃山様式です

変換 ~ IMGP8279
華美なのに品がある、素敵なデザインだねー

変換 ~ IMGP8283
設計は旧博報堂本社や明治生命館で知られる岡田信一郎、
構造は東京タワーも担当した内藤多仲、だそうです

変換 ~ IMGP8268
正面玄関に掲げられた絵看板。
物語の一部が肉筆画で描かれ、芝居小屋だった頃を彷彿とさせます。
ちなみにこの絵看板から派生したのが浮世絵なの

三月公演も、全日3階席は完売。
今日は一幕見(好きな演目だけ見ることができる当日売りの自由席)での観劇です。
演目にもよるけど一幕千円前後。気軽に行けるから、昔はよく通ったなあ。

エレベーターがなく4階まであがるの大変とか、専用席で区切られ、中の売店や食堂に行けない等々制約はあれど(泣)、下手な3階席より見やすいし、イヤホンガイドが安い女子トイレの混雑が少ないといったメリットも
*追加注:一幕見、今は売出し時刻に行っても定員になることが多いと思われます。
早く行って順番待ちをおすすめします。


変換 ~ IMGP8286
昭和通りから歌舞伎座を横に見る

変換 ~ IMGP8287
幟のあるところが歌舞伎座の稲荷大明神だね

変換 ~ IMGP8290
楽屋口。木戸の隣に大道具が見えて、ちょっとわくわくしました


さて本日は、第二部の「筆法伝授」と「弁天娘女男白波」を通しで見ます。
菅原伝授手習鑑と、白波五人男の弁天小僧の話、っていえばわかりやすいか。

変換 ~ IMGP8300
4階の一幕見席からみた館内。
三色の定式幕(左から黒、柿、萌黄の引き幕)は、江戸から続く歌舞伎座のシンボル。
劇場ごとに色の並びなどが微妙に異なる

ストーリーはだいたいこんな感じ。
1.筆法伝授
三大義太夫狂言、菅原伝授手習鑑の人気演目の一つ。
菅原道真が勘当した弟子に筆法を伝授。その後謀反の疑いをかけられた道真に、勘当された弟子のとった行動は…。
三場からなり、くるくる廻り舞台が動いて場面が変わるの、楽しかった♪ お見せできないのが残念です。
でも正直動きが乏しい場面では、何回か意識飛びました(汗)。

2. 弁天娘女男白波(白波五人男)
河竹黙阿弥の代表作。
女装の盗賊が豪商をゆすりにかかるが、露見して居直る場面と、追っ手に追われた盗賊5人衆が一同に介する場面の二場を上演。

IMGP8308.jpg
電燈も趣あっていい感じ。最上階ならではの景色だね

「知らざぁ言ってきかせやしょう。(中略)弁天小僧菊之助たぁ おれがことさ」
というのは、楚々とした娘が実は男とばれ、啖呵きって男に戻るときの名ゼリフ。役者(菊五郎)の見せどころです。

役者といえば、最後に5人衆が揃う場面、ゾクゾクしたなぁ。
幸四郎、菊五郎、吉右衛門、左團次、梅玉と、当代一流の役者が順番に名乗りをあげ、揃いの衣装と傘片手に、威勢はったり見得切ったり。う~カッコえかった。
この時ばかりは万札でもいいからドアップで見たかった~と思いましたです(泣)。

遠い席なので仕草とか細かいところは見えず、セリフまわしで判断するしかないけど、吉右衛門が声に張りあって朗々と貫禄あった。
客席から一番声が掛かったのは幸四郎。でも声が低めで最上階の私には聞き取りにくく、ちと残念。
菊五郎の弁天小僧は、もっと線が太い方が引き立つ気はしたけど、品のよさは格段でした。

変換 ~ IMGP8368
賑わう玄関を進むと、館内のあちこちには赤い絨毯に赤い柱。
とってもレトロな雰囲気が漂ってるんだよ

変換 ~ IMGP8357
ほうずき提灯と呼ばれる赤い球形の提灯。
白く縁取りされた中には、歌舞伎座の座紋である鳳凰。
初代創設者の一人、福地桜痴によって採用された

変換 ~ IMGP8338
向かって右の建物。ちなみに初代歌舞伎座は
木造3階建の洋風(内部は和風)だったそうです

変換 ~ IMGP8314
しかし初代は大正10年漏電により焼失。
3年後竣工した鉄筋コンクリの建物も第二次大戦の空襲で焼失。
焼けた建物を原型に建て直したのが、この4代目歌舞伎座。
以来50年以上親しまれ、02年には国の登録文化財になりました

変換 ~ IMGP8334
昼の部を終えて出てくる人と、夜の部で入る人とでごった返す。
着物の艶姿の方も多く、華やいだ雰囲気は今も昔も変わらないんだろなあ

変換 ~ IMGP8351
ここでの興行は4月で最後。
新しい歌舞伎座は、2013年春に完成予定です

変換 ~ IMGP8353
桜の造花で春を先取り。
こうした季節の演出も楽しみの一つ

変換 ~ IMGP8345
夕やみに浮き上がる歌舞伎座。
この格式ある建物が見られなくなるのは寂しいねえ

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。