スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立山黒部アルペンルート・2日目

10月14日 絶好の登山デー、ああ紅葉がキレイ
室堂(雷鳥荘→雄山→浄土山→室堂山展望台→室堂ターミナル)~
弥陀ヶ原(立山カルデラ展望台→弥陀ヶ原周遊→弥陀ヶ原泊)


変換 ~ 3378浄土方面から雄山
雄山(立山三山)
3444紅葉木良
立山カルデラ展望台から

地獄谷からの湯が床を暖め、暖かい(てかむしろ暑い)な一夜が明け。
うす明るくなってきた空を見ようと窓をあけると、ぶるっと身震いする空気が肌を刺し、標高2500m近い高さを実感。
地獄谷から硫黄の匂いも流れ込んできたので、慌てて窓を閉めた。

ダウンを着込んで山荘の前に立ち、濃紺から水色、桃色と刻々と変わっていく空を眺める。
冷えた体は温泉で解凍。ふ~極楽じゃ~。

3287朝地獄

量も味も満足な朝御飯のあと、7時過ぎに雷鳥荘を出発。
今日は立山トレッキングだよ♪。
(ちなみに立山というのは雄山、大汝山、富士ノ折立の総称。別山、浄土山と合わせて立山三山という)

変換 ~ 3301りんどうと雷鳥荘
奥は大日岳、手前は火口湖のりんどう池。
らいちょう温泉・雷鳥荘は300人近く収容でき、山荘というより旅館みたいな設備の快適な宿。
温泉は地獄谷から引いた湯で硫黄泉、掛け流し


室堂ターミナルに寄ってから、一の越経由で立山三山で最もメジャーな雄山(3003m)へ。
うーん、今日は快晴。絶好の登山日和だぁ。

3315別山かな
まずは御山と浄土山の鞍部、一ノ越を目指し、石畳道を歩く。
短い秋の立山が美しい。ああ、いい時期にきたもんだ。
一ノ越から雄山まではガレガレの急道、落石に注意


3318みくりが大日望
雄山から振り返ってみると、みくりが池や大日岳などがきれいに見えました

3335別山頂上縦
ターミナルから標高差565m、約1時間半で雄山山頂到着。
古来から信仰の山とされ、現在でも山頂には雄山神社峰本社が鎮座している。
下を眺めていたら、ライチョウが飛んでるのが見えたよん


山頂から360度の展望を堪能したあと、一の越経由で二山目の浄土山を目指す。
今日はほんと天気がいいので気持ちよい。
青い青い空に雲海の絨毯。後立山を彩る草紅葉にハイマツの緑。
あの美しさと開放感はちょっと忘れがたいな。

3377剣別山方面
道中振り返り、別山方面を眺めたところ

3350剣まあ

変換 ~ 3354剣アップ
浄土山の方に回りこむと、北方向に剣がよく見えた。
名の通り刃みたいなギザギザ岩稜。チンネはどこかなあ


変換 ~ 3391五色浄願寺川
ほどなく浄土山南峰到着。広い台地のようになっていて、立山周辺の火山地形がよくわかる。
台地が立山カルデラ、雲海がでてるのが富山平野(富山湾)、谷を流れるのが浄願寺川だな。
この川が氾濫し、下流の富山平野(雲海がでてるあたり)に災害をもたらした、
と立山のカルデラ砂防博物館に詳しい


南峰に比べて地味な浄土山北峰(2831m)を踏んで、西面から下山開始。
浄土山からの下山道口は、目印の柱が少し下がったところにあるのでわかりにくい。
急でガレガレ道なので足元注意です。

3411りんどう浄土山望
ハイマツに覆われた浄土山。
降りてきたら少し回り道をして室堂展望台へ。案内板で山座判定にいそしむ。
今日は槍ヶ岳をはじめ北アルプスの山々もよく見える


3405りんどうあたりみくり池UP
室堂展望台から室堂ターミナルまでは1時間ほどだったか。
途中のりんどう平展望台からみた、みくりが池と室堂ターミナルです


トレッキングを終え、ターミナルに戻ってきたら人人人。しかも中国語率高いし。
行き交う観光客の片隅でおもむろにコンロを取り出し、ラーメンを作る我々。
こんないい天気なんだもの。青空の下で食べるほうがおいしいぢゃない、立山に湧いた名水仕込みだし。

名残りを惜しみながら、室堂ターミナル(2450m)から高原バスで弥陀ヶ原(1930m)へ移動。

3421雪印柱
積雪の多い天狗平付近に立てられていた道脇のポール。
春アルペンルートの開通時、よくニュースで見る雪のトンネルの場所だね


3424弥陀原
14時45分ごろ弥陀ヶ原に到着。
紅葉の盛りは過ぎてしまったけど、まだまだ見応えありました


立山の秋は非常に短くて、前もって紅葉に予定を合わせるのは大変。
地元では紅葉すると「ああ冬がきたなあ」と思うとか。
今回の旅は短い秋にギリギリ間に合い、天気に恵まれ言うことなし。

3438カ展雲海
宿から15分ほど歩くと、立山カルデラ展望台がある。
木々の間を上がっていくとぱっと空が開け、こんな絶景が広がってました。
雲海フェチにとって最上の幸せ~


3455ハハコかウスユキ良
道々、ヤマハハコに似ている花を見つけた

3469ワレモコウ
そのまま弥陀ヶ原を周遊。湿原には木道が完備されている。
気持ちいい45分~1時間のコース。名残りのワレモコウが風に揺れていた


3457夕池糖縦まあ
池糖のことをこの辺ではガキ田とよんでいる。
どこかしら神々しいほどの夕暮れでした


3496晩御飯良
本日のお宿、弥陀ヶ原ホテル。部屋きれいで広い、展望最高、言うことなし。
晩御飯は地元の素材を使った料理の数々。
蛍烏賊粕漬け、コンベの唐揚げ、芦クラ汁(地元の山菜汁)、富山産コシヒカリなど。
どれもこれもうまいっ。若鶏のチーズ焼きなんか最高だったなあ


<続>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。