スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

靴が惜しけりゃ、止めてみい!(小川山)

5月2日(火)前夜発~6日(土) 連日だバンザイ
小川山(花崗岩)

20060507105026.jpg
オガワームラ難民村。
っていいたいほどテントだらけのGW初日の廻り目平キャンプ場


日本列島民族大移動の季節である。
世間では、何ヶ月も前から「そういえば今年のGWは…」とお天気の話のごとく予定を尋ねる会話が交わされ、いろんな人がいろんな夢を描いていたもんだが、今年は暦もお天気も良く、全国的に当たり年となった。



ふーじん、去年の今頃はまだ中国に滞在中。
この時期は中国でも大型連休なので、向こうの連中と山登りにいき、5200mでブリザードに吹かれてすごすご敗退してきたが、あれからもう1年か。
会社勤めの頃もまず日本におらんかったけど、いまはフリーランスの身。
こんなチケットのバカ高い季節には身を潜めているのに限る。

ってわけで、今年のGWは小川山なのだ。
いや~小川山楽しい、スラブ大好き。以下記録。

1日目(3日)
○ガマスラブ周辺 withイシクラ

・門番の娘(5.9) MOS 
終了点の1ピン手前、むずい!ここだけ10bぢゃ。スラブ練習のため何度か登る。
・ケロヨ~ン(5.7) MOS 
長いだけでなんてこともないルートだけど、1ピン目あとがずべりそうで、プリクリしててもきょわい。
懸垂してるときロープが絡まり、途中でピッチ切って対処。足場悪い本ちゃんだったらヤバかった

20060507105743.jpg
小川山のスラブを拡大。
いや~こんな感じでなかなかホールドがないんですが、よく見渡すと石英の結晶があって、指かかって持てちゃったりする。このカチ探しがスリルあって楽し~。花崗岩ばんざい!


2日目(4日)
○八幡沢左岸スラブ パートナー風邪で寝込みwith岩つばめ

・ジャーマンスープレックス(10c) TRテン山  
★★面白い!まず1ピン目前ののっこしで「足がない!」と悲鳴があがり、3ピン目あたりが滑りまくりで皆はまる。粒ホールド探しの面白さに目覚めるルート。
(のっこしの前にカムとって、さらに1ピン目プリクリすべし)
・ブラック&ホワイト(10c) TR  
★核心は2ピン目ホワイト部分なのだが、それより最下部がバランシーで楽しかった。
フレーク両手マッチして右足を伸ばし重心移動、そこからなんとかして体あげて(左足をフレークにハイステップする人と、右足スメアして地道に登ってくる人とにわかれる)リップのガバ?とるのだが、ちょっとした重心の位置でバランスが大きく変わるのが実感できる。
なんか卒業試験の下部を彷彿とさせるなあ。私は上はすんなりいったのに下部で悩んだけど、も少しやれば大丈夫。ジャーマンより楽だし。
・トムといっしょ(10a) TRノーテン 
核心はテラスから、立体的ムーブ
・トムといっしょの左巻きバリエーション(10d) TRノーテン 
見た目ほど難しくない。ジャーマンの方が全然難しいや

20060507104951.jpg
ジャーマンスープレックス。
10cに格上げされたらしい。上部のホワイト部分、手足なく難しいです

20060507105005.jpg
↑の核心部分をアップで
ここでおニューの靴底、随分もっていかれました。登りながら足先を見ると、削られたユカシムのゴムのカケラが見える~ああ1かけ50円(推定)。
が、「靴が削れるのは滑ってるからだよ。止まってれば削れないよ」と我が師匠・伊東プロのお言葉。
そ、そうか~上手ければ靴も削れないのだな。スラバーへの道は遠いぜ、ふっ。

20060507111757.jpg
右、緑ロープかかっているのがトムといっしょ(10a)。登ってる左は10dとなってるわりに簡単。
ただ核心はうす被りのハイステップで、ホールドわからないと怖くてリードで突っ込めないね。
危ないからかボルトはずしてTR専用になっていた


3日目(5日) 
○ガマスラブ周辺 withイシクラ&岩つばめ

・門番の娘 アップ再登
・KC'S Banana Cake(10a)  TRノーテン 
★出だしと5ピン目あたりの垂壁が核心だが、後者はちゃんといいとこに(前登者に血塗られた)1.5本指ポケットがあるのでそう難しくない。リードでもいけるでしょう。60mロープ必要
・ウィスキーキャット(10a)  TRノーテン 
★60mロープでぎりのロングルートで、登り応え充分。ルートファイティングも楽しめて、いかにも小川山のスラブって感じかな。終了点からの景色はご褒美です。これもリードできそう
・ごめんねエッちゃん(10b)  TRノーテン
スラブというよりジムちっくでムーブを必要とするルート。出だしが意外と悪い。私は力技でいってしまったので、もっと組みたててからでないと怖くてリードできないな

20060507111815.jpg
KC'S Banana Cake(10a)。1ピン目が滑ります。結構長いので、登り応えあり

4日目(6日)
○スラブ状岩壁
 withイシクラ&岩つばめ

・ウルトラセブン(5.7) MOS
5.7にしては上部少しドキドキ。ボルト多いし、ヤマケイのトポもわかりにくい(私の版なんか間違ってた!)ので注意。終了点私は右回りでいってしまったが、左周りのほうが楽ですね。
・放浪癖(10b) FL
まー私のためにあるようなルート名だわ。これは決めるきゃない。
名前の通り、ふわふわっと左にさまよっていくトラバースルート。3ピン目だったか少しクリップしにくいけど、お買い得10b。
・穴があったら出たい(10a/b) 2ピン目プリクリ、1テン
★いかにもスラブっ、て感じの足のりルート。下部、私は隣のルートかと思って楽な右側使わず、1ピン目の左から登ってしまったが、極小カチの連続でおもろかったよ~。1箇所右足スメア甘くて滑ってOS逃したけど、次は行けます

20060507111835.jpg
穴があったら出たい(10a/b)かな?。典型的な小川山スラブ、いい感じにむずくて楽しい

20060507105726.jpg
ルート名、「ビスタの夏休み」の由来であるビスタじいさん。
日本酒とサシでかっこいいぜ、ビスタ


Untitled5ii.jpg
標高1570mだけあって、春はまだまだ先という感じ。
141号線の温度表示、初日の早朝は1度(朝7時くらい)、帰り14度(夕方6時くらい)。
キャンプ場の桜がようやくほころんできました


今回の小川山、核心はパートナー探しであった。
予定が空いてたパン1仲間と2人で登りにいくことになったが、お互い登れないし経験も浅く、ヒジョーに不安。でも、とにかくやってみないとうまくならないし、技術も向上しないしな。
始めてのお使い、ふーじんクライミング版である。どきどき。

幸い、やりとり聞いてた横パパが心配して、ご自分の会に籍を置きながら現地でフォローしてくれたので、大感謝祭なのであった。
今回はとにかく安全第一ということで、グレードよりも岩に慣れること、支点づくりなど技術面に主眼をおいた。
ので成果としては、なんちゃって10bFL1本くらいなもんだけど、いい勉強になりました。

岩つばめさんにはトップロープを使わせてもらったり、登り方見せていただいたり、お世話になりました。ありがとうございました。
横パパ、いつものことながら感謝しております。
三女のイシイは逃げやがったが、お蔭様で長女次女、頑張りましたよ~。またよろしくね~。

Untitled1de.jpg
帰りの中央高速で見た富士山。やはり美しい

<終>

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。