スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボルダリング1stブック

ボルダリング1stブック/スキージャーナル社

20060515034803.jpg

クライミングを始めた友に、何かいい本ないかと探していて手に取った一冊。
本の中身自体は、コンパクトに必要なことがまとまっていて、初心者にいいと思う。

・体裁
ページ数(約100P)も判型も、今時の若いもんが見やすくちょうどいい感じ。DVD保護用の厚紙が厚すぎて、本がめくりにくいけど。
少し値段が高いが(2400円)、マニアックなクライミング本でカラーも写真も多くてDVD入りなら、ま、仕方ないか。
・デザイン
デザインも見やすく手馴れた感じでよい。文字の情報量も写真点数も多めでよい。
写真もHOW TO本らしいわかりやすい使い方してる。
・内容
一応著者は小山田大、どこまで意思を反映してるのかわからんけど、とりあげてる内容、過不足なくていい感じ。
きちんとクライミング理解してる編集者および書き手が作ってるな、という安心感あり。
ハンドホールドとその使い方、ボディケアページなんかも、参考になった。
(カチはこれまでほぼすべてセミアーケとやらで持っていた私。タンデュなんて、不勉強で知らなかったデス…)

ただ本文の構成、1章がジム体験の話なので、3章の(ジム)ムーブの話を先にして、それから2章の自然の岩場体験、4章が外岩の注意点の話と、入れ替えたいですね。
ジムと外岩は別ものだから、話が行きつ戻りつするよりわけたほうが流れが自然かと。
でも内容にそう関係ないからいっか。というわけで、本については★4つです。

でも付属のDVD使えね~。
語学の練習本みたいに、本に沿って映像も展開していくんだけど、導入部のクライミングを始めるには、なんて映像いらないし。
なぜなら、この本の購読層はまずジム体験者だから。
全くやったことのない人がこれを買うより、少し齧った人がジムとかアウトドアショップで購入、ってパターンじゃないかな。

素人のジム体験および自然岩体験の映像もこんなにいらない!
へたくそな初心者のボルダー、何便も延々と見せられてイライラ。間違って覚えそうョ。
初心者が一番わからないのは、どうしてそのホールド=ムーブになるのかってことだと思うんだ。
自分の動きは疲れるけど、どうしてこの方がいい動きなのか。それがポイントじゃないかしらん。
なのに画面切り替わるとモデルのムーブが変わってて、けど肝心のアドバイスがほとんどない。
例えば大ちゃんの正解ムーブとモデルのムーブ、比較して編集するだけでもずいぶん違うと思うんだけどな。

自然岩のボルダー練習も、撮ったものを流してるだけで工夫ないし。
それどころか大ちゃんがお手本登るシーン、スポットに入ってる女の子の背中でフットホールド見えないよう~。
仕事のよしあしって、こういうところにもでちゃう。本の方では手間を問わない仕事してるだけに、映像不満残ります。
でも、最後の大ちゃんの海外ボルダーシーンは、やっぱよかった。

出版元はスキージャーナル社。扱ってる主なスポーツは、スキー、スノボー、テニス、剣道…。
なぜここからクライミング本なのか謎だが、これからもどんどん出してくださいまし。

20060515034750.jpg


<終>

*DVDはどうやら、フロンティアスピリッツ(ってパンプじゃん)製作だったみたい。ど~りで。

コメントの投稿

非公開コメント

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新の記事
最近のコメント
プロフィール

ふーじん

  • Author:ふーじん
  • 外岩初RPは05年10月、最高RPグレードは12a、OSグレードは11b。
    季節ごとに岩場が変わるクライミングが季語がわり。沢も山も旅も良し。
    あ、マンホールに顔パネも好きです。
カテゴリー
ブログ内検索
小倉百人一首


問い合わせ先
Flashリバーシ
by Orfeon
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。